都筑の冬

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
SEARCH THIS SITE

CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

qrcode


コメント欄は個人情報が載せられてしまったので閉鎖しています


<< 柏崎の鯛やき屋さん! | main | 天皇陛下御在位20年記念硬貨 >>
 続・SL 信越線 秋の収穫祭号!
   
SL 信越線 秋の収穫祭号

「SL 信越線 秋の収穫祭号」に乗ってきました。 門デフを装備したC57 180。

昨日のブログはSL車内よりケータイ写真を投稿しましたが、こちらの写真はデジカメです。
あいかわらず、僕がカメラを持ち歩いた為、写真は奥さんが多く写っております。
今回は、SL「秋の収穫祭号」なので、たくさんお腹に収穫してきました。

長野・小布施 ふじ祭り

早朝5時すぎに横浜を出発! まずは栗で有名な長野県小布施の町へ立ち寄りました。
年に一度の信州おぶせの「ふじ祭り」へ。朝9時より開始なのだが、8時30分には行列。
メインイベントの特産りんごの「袋詰め放題」が大変お得!との事なので僕たちも並ぶ。
待っている間は、もぎたてのりんご(サンふじと信濃ゴールド)の試食が食べ放題。
粗品のりんごジュースをもらい、いざ袋詰め放題へ参戦。頑張って20個以上も詰め込みました。
また、特産の栗を買って、小布施の養鶏場の新鮮たまご1パック100円も買い、両手いっぱい!
イベントテントでは、おそ松くんのおでんのような串刺し長野おでんがあつあつ。1串100円!
長野野菜などの直売コーナーなどゆっくり見たかったが、SL時間が迫っているため出発。

新潟・新井駅 軽トラ市

SL始発駅の新潟県・新井駅には9時50分に到着。SL出発は10時42分。
SLの入線が10時17分頃との放送があり、それまでSL歓迎イベントの「軽トラ市」へ。
駅前商店会を通行止めにして、たくさんの軽トラック行商が集結していました。
地元の野菜・パン・特産品などいろいろな商品が軽トラックの荷台で販売されていました。
どの軽トラでも試食があり、パン、漬物、ポン菓子、お饅頭、キムチ、チヂミなど食べまくり。
タダで地元の味でお腹いっぱい。SLに乗る前から、お腹の中が「秋の収穫祭」状態。
さすがにもう食べられないので、銘菓「かりんとう饅頭」「豆大福」「よもぎのし餅」をお土産に。
よもぎのし餅を作っている農家のおばあちゃん特製の「笹すし」を食べたかったが、
ウチの奥さんから「SL車内で特製駅弁を食べるので笹すしはダメ」と・・・。 残念・・・。
笹の上にごはんが盛られているおすしで今まで見たことも無く、上越地方の名物だそうです。

強風のため、ダイヤ大混乱

新井駅では、マラソンの応援の際の小旗と同じような「JRうまさぎっしり新潟」の小旗が配られ、
ホームには横断幕が掲げられ、平丸太鼓の皆さんが出発に合わせて待機して、出発ムード満点。
駅のホームもカメラマンでいっぱい。駅の周りも一目SLを見ようと地元の人たちでいっぱい。
しかし15日の新潟地方は強風で、新潟県内のJRはダイヤが乱れて、軒並み遅れているとの事。
単線の信越線では対向の電車が来ないと発車できない。SLの乗客も沿線の人も出発を待つ。
10時42分の定刻がすぎ、やっとダイヤの乱れで遅れている対向列車が来て、SLは出発!
発車時間は、11時をすぎていて、ここからSL号の運行時間の乱れも始まっていた。
沿線ではたくさんの人がSLを撮影したり、手を振ってくれている。こちらも手を振りかえす。
沿線の神社では七五三の着飾った子供たちも小さな手を大きく振ってくれてました。
SL車内では、妙高市のPRがあり、天地人の「義」マークの入ったかまぼこが配られました。

停車駅の高田駅ではダイヤの乱れで、10分程度停車。謙信太鼓がお出迎えしてくれました。
ホームでは特産品販売があり越後名物「チョコ柿の種」を買い、粗品の絵ハガキをもらった。

今回のSL「秋の収穫祭号」はC57−180で、いつもは「SLばんえつ号」として、
新潟〜会津若松を走っている蒸気機関車です。
客車も新しく展望車や売店もあり、C57のSL特製ラベルのビールも売っていました。
SLビールを飲みながらチョコ柿の種を食べたかったが、帰りの運転もあるので断念・・・。

30分遅れの12時すぎに直江津駅に到着。天地人の武者たちと太鼓の皆さんがお出迎え。
直江津駅では、「ふるさと物産展」など記念イベントがあり、当初は停車時間の間に、
改札の外に出て、いろいろ楽しむ予定でしたが、出発時間がコロコロ変わりホームで足止め。

SL特製駅弁

直江津駅を出発後に、今回だけのSL特製掛け紙が付いた「SL特製駅弁」が配られました。
SLホエール号の時のように地元の幸がどっさり入った駅弁を期待したのですが、
普通の幕の内弁当でがっかり。サザエの小さいのが入っていたのがせめてもの日本海の幸だった。
今回は新型客車の7両編成で、たくさんの人が乗っており、ホエール号のような旧型客車3両とは
規模が違うので、駅弁も普通の幕の内になったようだ。
せめて直江津駅の名物で駅弁甲子園で優勝した名物駅弁の「鱈めし」が食べたかった。

新潟・柏崎駅 あんコロッケ

駅弁を食べ終わると、窓の外は日本海。強風のため大波だ!SLはノロノロ徐行運行。
低気圧を伴う暴風が吹き荒れ、米山〜柏崎間の日本海沿いでは、風速22メートルの強風を記録。
SL車内では、次の停車駅の柏崎観光協会の方が乗り込んできて、柏崎の街のPR。
名物「おいな汁」と「あんコロッケ」の無料交換券を配布してくれました。
途中停止信号で何度も停車を繰り返しながら、1時間30分遅れの午後2時に柏崎の駅に到着。
さっそく、里芋たっぷりの「おいな汁」とお米で作った「あんコロッケ」をいただく。
おいな汁はうす味のけんちん汁であんコロッケはサクサクして素朴で美味しかったです。
本当は、柏崎駅では、ウチのお店の取引先である「越の誉」さんに寄る予定でしたが、
ここでも到着時にSLの出発時間が確定されてなく、駅から離れることが出来ませんでした。
最初は2時30分の発車と放送がありましたが、ノロノロ運転の影響でSLの水が無くなり、
給水に手間取り(普段はSLの走っていない線路なので、この日は消防車から給水)
結局、出発は午後3時すぎになってしまいました。出発前にはヒョウも降り寒かった。
駅前の小さなたい焼き屋さんでたい焼きを買う。昔のシンプルなたい焼きの味でした。
柏崎でも太鼓に見送られ、やっと出発。街のみなさんが見送ってくれました。

SL車内の妊婦さん 

さすがにお腹もいっぱいで、ノロノロ運行が続いているため、妊婦の奥さんもウトウト。
いつもは最後まで窓から手を振っているのだが、天気も雨が降り出し風も強いままで、
窓も空けられず、写真を撮った後お眠りに。SLのノロノロ運転がゆりかごのようで
おなかの赤ちゃんも眠れたかな〜?

ちなみに、この席は4人のBOX席で、僕たちは窓側の指定席でしたが、通路側の二人は
お弁当を食べている時以外は、展望車でSLの旅を楽しまれていて、ゆったりと座れました。

SL車内のポスト

SLの乗車証明書が絵ハガキになっていて、おなかの赤ちゃん宛てにハガキを書いて、
先頭客車内に設置されている「昔の郵便ポスト」へ投函。終点近くなってしまったので、
ポストの取り扱いは終了してしまったようですが、とりあえず投函しておきました。
以前、「SLばんえつ号」に乗車した際に投函した時は、SLの風景印が押され郵送されました。
はたして、今回も特別のSL風景印が押されるだろうか?

新潟・長岡駅 天地人

定刻では長岡駅には午後2時38分に到着予定でしたが、実際には1時間30分遅れの
午後4時すぎの終点到着となってしまいました。
「SLファンは1時間30分も多く乗れた」と喜んでいて、ダイヤの乱れもまた楽しでした。
長岡駅では、天地人「直江兼続」が、名物「笹だんご」のお土産を配ってくれました。
ひとり1個かと思いきや「収穫祭号」なので、一人にたくさんの笹だんごを配ってくれました。
直江兼続の手に、長岡のPRパンフレットと、両手にたくさんの笹だんごを持っています。

長岡駅からの帰りは、新井駅まで乗り換えなしの「快速くびき野号」に乗車予定でしたが
SLの到着遅れもあり、普通列車で帰ることに。こちらも日本海沿いはノロノロ運行でした。
普通電車内では爆睡中でしたが、犀潟駅に着いた時の車内アナンスで「ほくほく線に
乗り換えて直江津駅に向かってください」との放送で飛び起き、隣のホームのほくほく線へ移動。

新潟・直江津駅 ほくほく線(天地人号)

ほくほく線の電車は「天地人号」で、電車の車体はもちろん、車内も天地人一色でした。
ほくほく線はJR黒井駅を通過し、直江津駅へ。
直江津駅では新井駅に停車する長野行きの普通電車が止まっていました。
もちろん出発時刻は決まっていなく、電車内で発車を待つ。
特急も軒並み遅れていて、特急待ちなどしていて、待つこと30分くらいだろうか、
車内アナンスで、先ほどまで乗っていた普通電車が直江津に到着後に発車すると放送があった。
なので、改札まで行ってスタンプなどを押して電車に戻ると、普通列車を待たず、
対向の信越線の電車が来たあとに、すぐに発車。危なく乗り遅れるところだった。
アナンスがコロコロ変わるので、警戒していたので、乗り遅れずにすんでよかった!
やっとSL始発駅であった、新井駅に到着。予定では午後4時19分に着くハズだったが、
実際に駅に降り立ったのは、午後7時30分で、3時間遅れにもなってしまいました。

今回のSLチケットは発売直後に数秒で売り切れ、僕も「みどりの窓口」にお願いした分は
取れなかったのですが、上越市民限定のSLパックを譲ってもらい乗ることができました。

今回のような、臨時のSL運行は大変な人気で、いつも数秒で乗車券が売切れてしまいます。
今回の新潟の信越線も2年ぶりにSLがやってきたそうで、地元の人に優先販売があったようです。
昨年の「長野・SL信越線120周年号」の乗車券を購入した時は、発売と同時に完売でした。
来年こそ神奈川県にもSLが走ってもらいたいです!!

上越の名店・食堂ミサ

たくさん食べた旅だったが、「帰りは信州そばを食べたい」と奥さんが言うので、
新井の道の駅へ。しかし、上越の道の駅の閉店は早いようで、夜8時には閉店していました。
しかし、その先にはレストランエリアがまだまだ営業しており、十数軒お店がある中、
一店だけたくさんのお客さんが入っていました。
地元の人がたくさん押しかけるお店は美味しいとの期待で「ごはん処ミサ」へ。
お店が紹介されている雑誌を見ると、「上越地方を代表する味噌ラーメン」との紹介があった。
実際、他のテーブルを見ると、ラーメンを食べている人が多いが、定食類も豊富で
僕は「味噌ラーメン」で奥さんが地元のお豆腐を使った「肉豆腐定食」を注文しました。
注文して、奥さんがお手洗いに行っている間に、すぐに味噌ラーメンが運ばれてきました。
たっぷりの玉ねぎとひき肉が入っており、すこし甘めの信州味噌のよう白味噌ラーメンです。
また、肉豆腐定食は写真のように大きなお豆腐でボリューム満点。ご飯もお代わり自由で
お腹いっぱいになりました。このまま、日帰り温泉でも入浴してゆっくりしたかったのですが、
仕事の発注を戻り次第にやらないといけないので、泣く泣く帰路へ。
夜8時30分に上越を出て、深夜12時ぴったりに自宅に着きました。

今回のSLは「秋の収穫祭」のごとく、食べまくり、またPRのお土産もいっぱいもらいました。

次は12月の「SLクリスマストレイン」に乗りたいのだが、歳末は休みがないので無理かな??



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 23:42 | - | プロフィール |