うちの街 都筑

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SELECTED ENTRIES
SEARCH THIS SITE

CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

qrcode


コメント欄は個人情報が載せられてしまったので閉鎖しています


<< NHKに取材され、ニュースで放送されました! | main | JR横浜線中山駅清掃活動! >>
 防災林植林ツアー!
   

防災林植林ツアー

おとといの日曜日に日帰りで津波被害の青森県八戸市へ「防災林植樹ツアー」に行って来ました。 

当日はケータイで現地よりブログアップしましたが、デジカメでも写真を撮りましたのでアップします。

東日本大震災後に東北入りするのは、宮城県女川町でのボランティア・岩手県全国泣き相撲大会宮城県東松島市での災害ボランティアに続いて、3回目となります。

本当は先月に13年ぶりに青森にSLが運行され、その時に青森に行く予定でしたが、娘が熱を出してしまい行くことができませんでした。
しかも、そのSLの特別乗車券は大変な高倍率のプラチナ切符だったのに無駄にしてしまい、申し訳なかったので、今回JRの企画の「防災林植林ツアー」に家族で出かけてきました。

通常は東京→八戸の新幹線の片道だけでも15350円しますが、往復の新幹線と植樹・温泉入浴・お買い物まで付いて片道運賃よりも安い価格でしたので、植林ボランティアに参加してきました。

防災林植林ツアー

当日は、田園都市線江田駅の一番電車(5時14分発)に乗り、東京駅へ向かいました。

ちょっぴり余裕な時間があったので、ベビー休憩室で授乳タイム。

防災林植林ツアー

朝ごはんは駅弁。 東北新幹線全線開通記念弁当の「津軽味祭弁当」を1個購入。

もう1個のお弁当は、「ネットde駅弁・指定席お届けサービス」で注文済み。

防災林植林ツアー

東北新幹線の下り始発列車のはやて115号(東京駅6時40分発)で一路八戸へ。

娘・聖火は初めての新幹線です。 ちなみに、私は昨年のお正月に「SLやまぐち・初詣号」に乗りに行った以来の新幹線です。

防災林植林ツアー

東京駅を出発後すぐに、申し込みをしておきました指定席お届けサービスのお弁当「青葉の宴」が届きました。 お弁当を届けてくれたお姉さんと写真を撮りたかったのですが、撮り損ねてしまいました。

「津軽味祭弁当」と「青葉の宴弁当」で、まずはお腹の中から東北気分になりました。

防災林植林ツアー

現在、東北新幹線は震災の影響でスピードを落として走行している為、八戸駅までは4時間1分。

朝10時41分に到着しました。 植樹の集合は13時のためこれから八戸市内へバス移動。

防災林植林ツアー

八戸駅から路線バスに乗り、約25分で街の中心街へ。

防災林植林ツアー

娘・聖火は、バスの中では地元の皆さんにかわいがってもらいご機嫌。

防災林植林ツアー

街の中にある横丁でお昼ご飯を食べようと訪れましたが、残念ながら夕方からの営業でした。

防災林植林ツアー

娘・聖火は昔の赤い郵便ポストが気に入ったようです。

防災林植林ツアー

「八戸名物せんべい汁」(600円)のポスターに誘われ、横丁の近くの「さんりくさん」で、お昼ごはん。

防災林植林ツアー

せんべい汁のみを注文したら、名物イカソーメンやカレイなどが付いた「せんべい汁定食」を勧められ定食にしました。 八戸の味がいっぱいで美味しかったです。

防災林植林ツアー

13時に八戸駅に戻り、いよいよ「防災林植林」です。 大型バス3台で被災地へ。 

写真の十和田湖行きは関係ありません。 十和田湖とは反対側の海を目指します。 

防災林植林ツアー

JRの駅員さんがお出迎えしてくれました。

防災林植林ツアー

被災地の海岸付近に近づくと津波で倒されてしまった黒松の姿が現しました。

防災林植林ツアー

手前の津波で倒されたクロマツのおかげで、林の奥にある水産加工団地までは直接津波は襲われず、最小限の被害だったそうです。

防災林植林ツアー

5月25日に韓流スターのイ・ソジンさんもクロマツの植林をされたそうです。

防災林植林ツアー

6月15日には常陸宮殿下もクロマツを植林されました。



防災林植林ツアー

青森県の農政課の職員さんから植え方のレクチャーを受け植え初め。

まず、クワで30cmくらいの穴を掘り、土で分解されるポットのまま植えます。

植え終わったら掘った土をかぶせ、足で周りを踏み固めます。

防災林植林ツアー

まず、最初のクロマツの苗木を植えてパチリ。 

防災林植林ツアー

妻も一生懸命に植林しました。

防災林植林ツアー

ひとり3株程度を植えました。 みなさん植え終わったら写真の後方の高さ6メートルはある防波堤を見に登っていました。 津波はこの防波堤を乗り越えてきました。

ちなみに、この後NHKや各マスコミに取材を受けました

クロマツが大きく育つ20年後にまた訪れたいです。

防災林植林ツアー

高さ6メートルはある防波堤へ。 写真で見ると高さ感が感じられませんが、かなりの高さの防波堤です。 海岸にもテトラポットがあったりするが、津波に飲み込まれたそうです。

防災林植林ツアー

防波堤は地震の影響か津波の影響なのか、補修が必要な状態です。

防災林植林ツアー

防波堤の壁のコンクリートも流され、地肌が見えていました。

防災林植林ツアー

汗をかいた植林作業の後は、八戸の天然温泉に入浴。 さっぱりしました。

防災林植林ツアー

最後は八戸のものが何でもそろい、特に海産物が有名な八食センターへ。

そこには、横浜マリノスのサポーターさんのKさんが出迎えてくれました。

もともと横浜に住んでおられ、マリノスのポスターをお店に貼ってくれるなど大変お世話になっておりましたが、現在は八戸で先生を勤められており、今回わざわざ八食センターを案内してくれました。

防災林植林ツアー

八食センターは、ウニやイカ・マグロなどを売るお店が多く、海産物コーナーは賑わっていました。

今回は「八戸お買い物券500円券」がひとり1枚付いてきたので、イカをお土産に買いました。

防災林植林ツアー

17時30分に八戸駅に戻り解散。 帰りの新幹線まで1時間程度あるので駅ビルのユートリーにお立ち寄り。 八戸のお祭りの山車が飾られていました。

防災林植林ツアー

青い森鉄道の改札口には七夕飾りが飾ってありました。

防災林植林ツアー

妻が「娘と植えた黒松が大きく育つように」と書き、飾りました。

ちなみに昨年の七夕は娘・聖火を菅直人総理大臣が抱っこしてくれました

防災林植林ツアー

帰りの駅弁を事前に申し込んでいた八戸の駅弁・吉田屋さんの「ホームまで配達」で受け取り。

オレンジのお兄さんが指定の時間にお弁当2個を持って待っていてくれました。

防災林植林ツアー

帰りの新幹線は東京駅に着く最終列車のはやて140号(八戸駅18時56分発)

防災林植林ツアー

聖火は青森の地元のヨーグルトをムシャムシャ。

防災林植林ツアー

駅弁は、八戸駅人気NO.1の「八戸小唄寿司」と人気No.2の「八戸いいとこどり弁当」

鯖と紅鮭の押しずしが最高に美味しかったです。

この後、家族3人爆睡し、23時5分に東京駅に到着しました。


今回の防災林植林ツアーは日帰りでしたが、ゆっくりと一泊したかったです。

でも日帰りでも充実した一日になりました。




| ブログトップページへ | 被災地・復興 ボランティア | 23:59 | - | プロフィール |