うちの街 都筑

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
SEARCH THIS SITE

CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

qrcode


コメント欄は個人情報が載せられてしまったので閉鎖しています


<< 2011年 夏休み 3日目 浄土ヶ浜⇒気仙沼大島! | main | 2011年 夏休み 4日目 気仙沼市街⇒南三陸町! >>
 2011年 夏休み 4日目 気仙沼大島!
   

8月12日より15日まで夏休み! 青函トンネル海底駅を見学し、北海道でSL函館大沼号に乗り、東北では気仙沼大島に上陸し、東日本大震災後4度目となるボランティア活動もしてきました。


現地よりケータイでブログアップしましたが、デジカメでも撮った分をアップします。


ケータイ 1日目 (青森・竜飛海底駅・函館)
 http://blog.uchino-atsushi.com/?day=20110812

ケータイ 2日目 (SL函館大沼号・盛岡)
 http://blog.uchino-atsushi.com/?day=20110813

ケータイ 3日目 (浄土ヶ浜・被災地・気仙沼大島)
 http://blog.uchino-atsushi.com/?day=20110814

ケータイ 4日目 (気仙沼大島・海の盆ボランティア)
 http://blog.uchino-atsushi.com/?day=20110815
 

気仙沼大島

夏休み最終日。 午前中は気仙沼大島に滞在し、午後は「松島・海の盆」でボランティアをします。

今日は、早朝午前5時より気仙沼大島を巡りました。

まずは、北部の外浜地区へ。 集落は津波に襲われ、人の気配を感じませんでした。

気仙沼大島

フェリーが着岸する浦の浜地区へ。 コーヒーショップも店頭が流されていました。 中のカウンターのコーヒーカップ類を見ると喫茶店だったと分かります。
    
気仙沼大島

次に、西側の北部地区の磯草へ。船はひっくり返り、民家は傾いています。

気仙沼大島

磯草の北端にはタンクローリーが・・・  東日本大震災発生時には津波で、このタンクローリーが海の防波堤に引っかかっていたそうです。

気仙沼大島

沿岸地域は高潮浸水。 訪れた時は大潮の時期で、どこも水浸し。

気仙沼大島

磯草地区にあるホテル。 玄関屋根に船が突き刺さっています。 送迎バスは津波にやられ、二階の客室も津波に襲われていました。

気仙沼大島

電柱・標識・防災無線柱など、いたるところで薙ぎ倒されていました。

気仙沼大島

消防団小屋。私自身も消防団員なので、第一線で活躍している消防団員の皆さん安否が心配です。

気仙沼大島

フェリーが接岸中の浦の浜地区を望む。 海に浮かぶ右のフェリーは広島県江田島市から貸与中のカーフェリー「のうみ」。 左奥の二隻は、津波で陸に打ち上げられてしまったカーフェリー「亀山」と旅客船「海来」です。

気仙沼大島

スーパーマーケットだったと思われる建物。すぐ裏手が海なので、建物が残っているだけでも凄い。

気仙沼大島

店内はメチャクチャ。 とても営業を再開できるような状況に無い・・・

気仙沼大島

田尻地区。 津波の直撃を受けた民家の沖合いに、6時40分発のカーフェリーが航行していました。

気仙沼大島

まだまだ島内では車の撤去が進んでいませんでした。

気仙沼大島

漁船が津波によって木で引っかかった船。 この周辺だけでも、多く船が打ち上げられていました。

気仙沼大島

早く船を海に戻し、漁の再開を願っています。

気仙沼大島

たくさんの船が横転している田尻地区では、大漁旗とこいのぼりが掲げられていました。

気仙沼大島

宿泊している「休暇村 気仙沼大島」に戻り、朝ごはん。 朝8時にはチェックアウト。

気仙沼大島

「休暇村 気仙沼大島」の前の道は地震によって、道路に亀裂が入っていました。

気仙沼大島

「休暇村 気仙沼大島」の体験施設のある田中浜へ。 今は、ガレキ集積所になっていました。

気仙沼大島

美しい浜には似合わない、ガレキの山。



気仙沼大島で一番大きい海水浴場の「小田の浜」へ。 しかし松などがなぎ倒され、泳いでいる人はいませんでした。

気仙沼大島

「小田の浜」から南端の「龍舞崎」へ向かうが、通行止め。 津波が道路をえぐり取っていました。 

気仙沼大島

龍舞崎に到着しましたが、岬の先端までは片道15分との事。 フェリーの時間もあり、先端に行くのは断念。

気仙沼大島

駐車場近くの「縁結びと子宝の神・道祖神」へ。

気仙沼大島

娘・聖火に兄弟ができるように、お祈りしました。

気仙沼大島

島の中心部の大島小学校にある二宮金次郎像へ。 東日本大震災の地震の揺れで足が折れてしまいました。

気仙沼大島

娘・聖火は、二宮金次郎像と同じように絵本を読み始めました。いつか、修復されることを望みます。

気仙沼大島

隣の大島中学校の校庭には、仮設住宅が建ち並んでいました。

気仙沼大島

気仙沼大島北部にある亀山へ。 標高235メートルで、素晴らしい展望です。

気仙沼大島

対岸の気仙沼港を見下ろす。 津波で建物が流れ去っているのがハッキリ分かります。

気仙沼大島

気仙沼大島の浦の浜地区を見下ろす。 カーフェリー「亀山」と旅客船「海来」の二隻が陸に打ち上がっているのがよく見えます。



亀山山頂までは浦の浜より「亀山リフト」で上がれますが、現在は地震で施設が破壊され運休中。

気仙沼大島

砂が鳴く「十八鳴浜」へ。 駐車場から遊歩道を下り15分。 津波被害を感じない美しい十八鳴浜。

砂浜にこするとキュッキュ鳴るだが、きれいに鳴りませんでした。

気仙沼大島

娘・聖火は、前日に大槌町の海水浴場のガレ場で拾ったおたまでおままごと。

気仙沼大島

カーフェリーの出航時間が迫り、浦の浜へ移動。 写真が津波で陸に打ち上げられたカーフェリーの「亀山」。  フェリーの下の車から比べるといかに大きいフェリーか分かります。

気仙沼大島

浮き桟橋もいっしょに打ち上げられました。 こちらも、とても大きい桟橋です。

気仙沼大島

旅客船「海来」。 カーフェリーではありませんが、こちらも大きい旅客船。

気仙沼大島

10時40分出航のカーフェリーで帰りますが、多少時間があるため港周辺を散歩。 港周辺はとにかくガレキの山。

気仙沼大島

大島観光案内図の看板。 地図の部分が流され、まるでガレキの山を案内しているようです。

気仙沼大島

お盆期間なので作業はお休みしていましたが、お盆明けにはガレキ撤去も進みそうです。

気仙沼大島

港中心部にあった商店街などは完全に流され、山際の建物がかろうじて残っている程度。

気仙沼大島

民家も家ごと横転していました。

気仙沼大島

車も津波が山肌を駆け上がった時に、立ってしまったようです。

気仙沼大島

いよいよ出航。 カーフェリー「のうみ」から見ると、陸に打ちあがった二隻の船は、現在海に戻す作業が進められ、あと少しで海に戻れそうです。

気仙沼大島

カーフェリー「亀山」。 これほど大きい船が、よくぞ陸に打ち上がったものです。 津波の脅威を感じます。

気仙沼大島

10時40分に定刻どおり出航。 短い時間でしたが、気仙沼大島とお別れ。

いよいよ、ボランティアをする松島を目指します。

デジカメ 1日目 青森⇒竜飛海底駅⇒函館!
 http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1152765

デジカメ 2日目 SL函館大沼号⇒盛岡!
 http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1152766

デジカメ 3日目 浄土ヶ浜⇒気仙沼大島!
 http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1152767

デジカメ 4日目 気仙沼大島!
 http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1152768

デジカメ 4日目 気仙沼市街⇒南三陸町!
 http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1152769

デジカメ 4日目 松島・海の盆 ボランティア!
 http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1152770


| ブログトップページへ | 被災地・復興 ボランティア | 23:59 | - | プロフィール |