2017-06-03-900.png

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
SEARCH THIS SITE

CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

qrcode


コメント欄は個人情報が載せられてしまったので閉鎖しています


<< 2011年 夏休み 4日目 気仙沼大島! | main | 2011年 夏休み 4日目 松島・海の盆 ボランティア! >>
 2011年 夏休み 4日目 気仙沼市街⇒南三陸町!
   

8月12日より15日まで夏休み! 青函トンネル海底駅を見学し、北海道でSL函館大沼号に乗り、東北では気仙沼大島に上陸し、東日本大震災後4度目となるボランティア活動もしてきました。


現地よりケータイでブログアップしましたが、デジカメでも撮った分をアップします。


ケータイ 1日目 (青森・竜飛海底駅・函館)
 http://blog.uchino-atsushi.com/?day=20110812

ケータイ 2日目 (SL函館大沼号・盛岡)
 http://blog.uchino-atsushi.com/?day=20110813

ケータイ 3日目 (浄土ヶ浜・被災地・気仙沼大島)
 http://blog.uchino-atsushi.com/?day=20110814

ケータイ 4日目 (気仙沼大島・海の盆ボランティア)
 http://blog.uchino-atsushi.com/?day=20110815


気仙沼市街

気仙沼大島からのカーフェリーが到着した気仙沼市街は、まだまだ復興には程遠い状態でした。

気仙沼港には、巨大なクレーン船が停泊しておりました。 このクレーン船で、気仙沼大島に津波で陸に打ち上げられてしまった二隻の船を海に戻すそうです。

気仙沼市街

道路が大型船でふさがれていました。 自動車と大きさを比較してもらうと分かりますが、かなり大きい船です。 

気仙沼市街

海より300メートルほど陸に打ち上げられています。

気仙沼市街

長野県警のパトカーとすれ違いました。 5月に被災地入りした時は自衛隊の車輌でいっぱいでしたが、現在は自衛隊も撤退し、代わりに各県警のパトカーが目に付きました。

気仙沼市街

大型船の脇の民家。 1階部分が潰れ、車のタイヤが見え、電柱も倒れていました。

気仙沼市街

反対側には、ガソリンスタンド。 市街地は高潮の影響で水浸し。

気仙沼市街

大型トラックもペシャンコ。

気仙沼市街

家が何件も横転していました。

気仙沼市街

かまぼこやさんの工場。 ガレ場と化しています。

気仙沼市街

湾岸部の工場地帯は、ほぼ壊滅。

気仙沼市街

震災後5ヶ月が過ぎましたが、全く手の付けようが無い状態です。

気仙沼市街

車輌も片付けが間に合わない状態です。



港に近いが、悪臭やハエなどは感じませんでした。



とにかく、車と船がゴロゴロ・・・



高潮の影響で、市内の道は通行が制限されています。 昨日の夕方は、町に水があふれ、迂回しなくては通行できませんでした。



果たして、気仙沼市街地はいつになったらガレキ撤去が始まるだろうか・・・



被災した自宅や車を見ると、持ち主さんの気持ちが思いやられます。



これから秋刀魚のシーズンです。 ぜひ早く船を海に戻して漁を再開してもらいたいです。



気仙沼市街地から南三陸町方面へ南下。 左手には気仙沼大島の最高峰「亀山」がそびえています。 亀山から見た、すべてが流された町の風景が、現実に目の前に広がっています。



JR気仙沼線の橋脚には、津波で流された民家が引っかかっていました。 JR気仙沼線は現在運休中。 運行再開には、かなりの年月がかかりそうです。



国道45号線・南三陸町歌津付近。 国道の高架橋が流されていました。 現在は生活道路が迂回路になっています。



田束山では、「全世界のみなさんありがとう!」と大きいメッセージが掲げられていました。



田束山付近は、かなりの高台でも船が打ち上げられていました。



JR気仙沼線は、各所で橋脚が崩落。  これだけ分断されると、もっと高台に新しい線路を引かないと
同じ悲劇が繰りかえされるだろう。         



南三陸町の消防団の消防車。 第一線で活動する消防団は、被災地で多く団員が犠牲になってしまいました。



国道45号の上を走っているJR気仙沼線の線路に津波でコンテナが流されていました。 この地点は
海岸線から1キロ近く内陸地点で、しかもそれなりの高台で、さらに国道をまたぐJRの線路まで津波が押し寄せたことがビックリ。 いったい海抜何メートルの津波が襲来したのか? 想像を超えます。



南三陸町に到着。 すべてが流され、街が壊滅していました。 信じられない光景です。



わずかに残る廃墟には「よみがえれ故郷」「がんばれ」の想いが書いてありました。



被災したガソリンスタンドは頑張って営業されていました。 屋根も事務所も流されていました。



ガソリンスタンドの向かいは被災した志津川病院。



志津川病院は移転して再開されたようです。 まだまだ、1階部分はガレキが残っていました。



給油中にガソリンスタンド裏のガレキの山をふと見ると、黒い物体が目に入ってきました。 SLです。



まさに一昨日に北海道で「SL函館大沼号」に乗車してきたばかりなので、唖然です・・・。



SL蒸気機関車は、C58−16です。 娘・聖火も呆然と眺めていました。



津波被害の象徴として保存してもらいたいです。



SLは、いまやガレキの山となった「松原公園」に展示保存されていたものです。


南三陸町から時間があれば、5月にも訪れた石巻市の大川小学校に寄ってお盆の供養をしたかったですが、「松島・海の盆」のボランティア時間が迫っているので断念し、海辺を離れ、三陸道で一路松島へ向かいます。 ボランティア模様は明日のブログに書きます。


デジカメ 1日目 青森⇒竜飛海底駅⇒函館!
 http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1152765

デジカメ 2日目 SL函館大沼号⇒盛岡!
 http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1152766

デジカメ 3日目 浄土ヶ浜⇒気仙沼大島!
 http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1152767

デジカメ 4日目 気仙沼大島!
 http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1152768

デジカメ 4日目 気仙沼市街⇒南三陸町!
 http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1152769

デジカメ 4日目 松島・海の盆 ボランティア!
 http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1152770




【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | 被災地・復興 ボランティア | 23:59 | - | プロフィール |