都筑の秋

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
SEARCH THIS SITE

CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

qrcode


コメント欄は個人情報が載せられてしまったので閉鎖しています


<< 都筑区・ドイツ学園「オクトーバーフェスト」に行ってきました! | main | 小田原おでん祭りと小田原城遊園地! >>
 「第1回 横浜フォレスト・トレイルラン」に出場!
   


 (チラシをクリックすると大きくなります)

2005年に台風の中で行われた山岳マラソンで、運悪く左足が根っこと根っこの間にスポッとはまり、複雑骨折。 山岳レスキュー隊によって山から下ろされ一ヶ月の入院。 現在は金属のボルトが左足に入ったままです。 あの事故から6年ぶりに山岳マラソンである「第1回横浜フォレスト・トレイルラン」に挑戦しました。

第1回横浜フォレスト・トレイルランは、横浜市最高峰の大丸山や円海山周辺の山道を走ります。



2005年の事故までは、エベレストマラソンなどの海外レースや国内レースを楽しんでいましたが、事故以降は走ることもできず、体重が見る見る増加し、足のケガもよくなってきましたが、体重オーバー状態です。 特に、マラソンから離れている間に、マラソンレースの出場料が高くなったのと、計測チップがさまざまな機器が登場しているのがビックリです。

今回のレースでは、SIチップを指に装着し、チェックポイントでパンチしていきます。



第1回横浜フォレスト・トレイルランは「うさぎコース」(6.4キロ)と「かもしかコース」(12.8キロ)の2競技。 私は長い「かもしかコース」(制限時間6時間)に出場しました。 

朝10時に港南台南公園をウェーブスタート。

スタートから1キロは住宅街を走る。 やがてだんだん上り坂になり、いよいよトレイルコースに突入。



連休の中日なので、ハイキングを楽しむグループやファミリーで登山道は混んでいました。

ハイカーの邪魔をしないようにしながら、森林の中を走ります。 まずは、尾根道でアップダウンも少なく快適に走れました。

スタートから35分で横浜市最高峰の大丸山(標高156.8m)へ到達。 眺めが最高です。



第一関門の関谷奥見晴台にスタート43分で到着。 このチェックポイントの関門制限時間は2時間なので、まだ余裕たっぷり。 見晴台では多くのバードウオッチ愛好家の皆さんが望遠鏡で観察されていました。

ここからがアップダウンが続きます。 昨夜の雨で登山道は濡れて、滑りやすく、昔の事故もあるので、慎重に走りました。



金沢動物園脇の3時間の制限時間であるチェックポイントも1時間程度で通過。 そして、エイドステーションのあるおおやと広場に到着。 ミネラルウォーター・バナナ・みかん・梅干・かりんとうなど用意してあり、水分補給。 この地点ではすでに、コースの半分以上が過ぎているが、ここからがアップダウンが続く難所の連続。 バナナで栄養補給後に走りを再開しました。



エイドステーションから山越えし、さすがに疲れてきたところで、道を間違えてしまいました。

地図を渡され、確認しながら走りましたが、間違えたポイントの標識表示が分かりづらく、右に曲がらなくてはいけなかったのに直進し、気が付くまで10分程度下り坂を走ってしまい、時間ロス。
また上り返し、やっとルートに戻って、チェックポイント8に辿り着けました。

ここからまた山越えをし、最終チェックポイント9を過ぎると、港南台へ戻るルート。 尾根道から、市街地のアスファルト道路を走り、ゴールの港南台南公園へ最後の走り。



2時間24分38秒でゴール。 はっきり言って遅くてビリに近いですが、制限時間の6時間内での完走を目標にしていたので、目標達成です。 なにより、山岳マラソン復帰レースにしては満足でした。

来月には、「ふじのくに新東名フルマラソン」に挑戦しますが、なんとか完走できそうな思いがしてきました。 次は、42.195Kmを目指して、がんばります。


| ブログトップページへ | マラソン | 23:59 | - | プロフィール |