2017-06-03-900.png

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
SEARCH THIS SITE

CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

qrcode


コメント欄は個人情報が載せられてしまったので閉鎖しています


<< 第3回ぷち屋台で「都筑まもる君焼き」にマロン味! | main | 都筑区みんなのキッチン! 第五回マドンナランチ! >>
 SL復興号 「DL・SL 宮城・石巻復興号」の切符をゲット!
   


東日本大震災の復興に向けた「SL復興号」が、11月12日(土)と13日(日)に運行されます。
http://www.jr-sendai.com/doc/20110928b.pdf

「煙の乗り鉄」の私としては、、初日の11月12日(土)に乗車したいのだが、土曜日は仕事で休めないので、お店の定休日である11月13日の日曜日の指定席券を購入するため、1ヵ月前の指定席券販売日の今日の朝10時に、みどりの窓口へ買いに行って来ました。

このようなSLの特別列車の指定席券は、発売当日の朝10時00分00秒01の瞬時に売切れてしまうプラチナチケットです。 今回も1秒もしないうちに売り切れた模様です。

また、今回のSLは「震災復興号」で話題にもなっており、、SL−C11に牽引されるのが旧式の客車で3両編成しかなく、しかもびゅうプラザで販売予定のSLに乗車できる旅行ツアーも予定されているため、一般販売は本当に少ない座席数です。

8月にも「SL重連運転」の切符を買いに行った時も、みどりの窓口の担当者さんが時計を見ながら10:00:00に発券ボタンを押しましたが、全国で押しているため、0.1秒もしないで完売で、もちろん買えませんでした。

このように、何度もSL特別列車の切符を買いに行き、切符が買えたのは、5回に1回くらいです。

で、今回は見事に「仙台⇒石巻」の切符を買うことができました! もちろん往復の切符を申し込みましたが、往路を発券中に、復路の「石巻⇒仙台」は完売になってしまい購入はできませんでした。

しかし、今回は石巻駅で下車し、牡鹿半島方面へ津波被害の状況を見てきたいと思っているので、片道だけでOKなのです。

また、小牛田⇒石巻間のSL乗車は、2年前に乗車した「SLホエール号」以来です。 当時は石巻線の終着駅である女川駅まで運行されましたが、現在、石巻〜女川駅間は津波被害で甚大な被害があり、運行再開の見通しは立っておりません。 



娘・聖火も今まで、生まれる前のお腹の中で、「SLさくらんぼ号(左沢線)」・「999号(大井川鉄道)」・「SLホエール号(石巻線)」・「SL収穫祭号(上越線)」・「SL初詣号(山口線)」に揺られ、生まれてからは、「SLみなかみ号(上越線)」・「ホテルSL号」・「SL復興もおか号(真岡鉄道)」・「SL函館大沼号(函館本線)」と乗車しました。 ちなみに「SL津軽路号」は発熱で乗れませんでした。

聖火は8月に津波被害で押し倒されたSLを見ていて悲しい顔をしていたので、復興のSLは楽しみにしているようです。



ちなみに指定席券は大人一人510円ですが、オークションでは既に高値で出品されています。
このオークションのおかげで、SL特別列車などの切符が取れなくなっているのが現状です。
もちろんウチの家族はオークションに売らず、SL復興号を楽しんできます。

東日本大震災後に4度ほど被災地「女川町復興市ボランティア」「東松島ボランティア」「防災林植林ボランティア」「松島お祭りボランティア」に行ってきましたが、SL復興号で5度目の被災地入りとなります。 今回はボランティアではないのですが、被災地に行くだけでも復興支援です。 

被災地で作ってくれる「SL特製駅弁」が、今から楽しみです!



 【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | 被災地・復興 ボランティア | 23:59 | - | プロフィール |