うちの街 都筑 春

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SELECTED ENTRIES
SEARCH THIS SITE

CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

qrcode


コメント欄は個人情報が載せられてしまったので閉鎖しています




<< 気仙沼大島ランフェスタボランティア! 出発〜気仙沼港〜気仙沼大島上陸! | main | 気仙沼大島ランフェスタ ボランティア! 気仙沼大島〜気仙沼港〜横浜到着! >>
 気仙沼大島ランフェスタ ボランティア! がんばっぺなぁ〜!
   

5月27日(日)に開催の東日本大震災の被災地でのマラソン大会「気仙沼大島ランフェスタ」でボランティアをするため、土曜日の夜から月曜日の早朝にかけて夜行日帰りのボランティアバスに参加してきました。 東日本大震災から1年が経ち、ガレキ撤去などのハードな作業からソフトな活動が増えてきました。 私にとっては、先日の竜巻ボランティアを含めて、八回目の被災地ボランティア活動となります。

今日のブログは、昨日の続きです



気仙沼大島ランフェスタ http://oshima-runfes.jp/



朝7時に気仙沼大島に船で上陸し、徒歩で受付会場の気仙沼市立大島小学校へ。 約20分ほどの道のりでしたが、港の周りは津波被害の痕跡がまだまだ見られました。



7時30分に気仙沼大島小学校に到着。 すでに、スタッフさんや他のボランティアさんがランナーの受け入れ準備の真っ最中でした。 選手受付は8時からなので、私たちも早速準備しました。



まずは、スタッフTシャツが配れました。 サイズが1サイズのみだったので、お腹がメタボ。

この後にボランティア活動の役割が発表され、私は、第1給水ポイントの担当となりました。 



マイクロバスに乗り、第1給水ポイントへ移動。 スタート地点をバスで通過して担当ポイントへ。



第1給水ポイントは、スタートから1Kmで、折り返ししてから最後の給水ポイントでもあります。

往路は1キロ地点で、復路は、10キロレースで9キロ地点、ハーフ21.0975キロレースでは、20キロ地点の給水ポイントとなります。



第1給水ポイントのボランティアは4名。 私が、チームリーダーとなりました。 また島のおじちゃんやおばちゃんも一緒にお手伝いしてくれます。 

スポンサーのアクエリアスの看板を取り付けて、朝9時には準備完了。 給水所では、アクエリアスとミネラルウォーターを配ります。

尚、ボランティア中は、他のボランティアメンバーさんや島民のみなさんの写真を撮ってはいけないというボランティアルールがあるので、写真はあまり撮れませんでした。→顔がはっきり写るとNG。



この日は暑く、ランナーの皆さんに冷たいアクエリアスやミネラルウォーターを飲んでもらおうと、氷で冷却。 ここから1キロ離れているスタート地点から、スタート前のイベント音楽などが聞こえており、
盛り上がっている様子が伝わってきます。 10時スタートを前にコップにドリンクを入れ始めました。

ちなみに、ランナーの出場数は1200人。 往復で2400杯のドリンクを用意することになります。



朝10時に、まず10キロのレースが気仙沼市大島ふれあい広場をスタート。 3分ほどで、先導車が通過。 その後にお巡りさんのオートバイが続き、その後方にトップランナーが見えます。

トップランナーは水も取らずに走っていきますが、マイペースランナーはしっかりと水分補給。 スタート直後の給水ポイントなので、そんなに水は取らないと思いきや、スタート直後でまだバラバラになっていないため、集団でランナーが来襲。 もともと多めに用意してあったので、何とか給水が間に合いました。 しかし、10時10分に今度はハーフマラソンがスタート。 こちらのほうがランナーも多く、走る距離も長いので、あっという間にドリンクが無くなり、みんなで必死にコップに注ぎ、何とか選手にドリンクを渡すことができました。 



10時30分前には、10キロのトップランナーが戻ってきました。 トップランナーはドリンクを取ることなく、ゴールに向けてラストスパートしていきました。 復路はバラバラ走ってくるので、選手を応援しながらの給水活動となりました。



暑いので上半身裸のランナーや着ぐるみのランナーなど選手も楽しみながら走っていました。

尚、島のおばちゃんが、気仙沼大島では「頑張れ〜」は「がんばっぺなぁ〜!」と言うと教えてくれたので、一生懸命「がんばっぺなぁ〜」と応援しました!



1時すぎに最終ランナーが通過して、ボランティア終了。 気仙沼大島の日差しを浴びて、真っ黒に日焼けしました。



尚、コース上の道路にまだ小さいカメがノコノコと歩いていました。 島のおばちゃんが車に引かれて死んでしまうので、横浜で子供と一緒に飼ってみればとケースに入れて渡してくれました。 

島民の皆さんとお別れをして、歩いて大島小学校に戻りました。



大島小学校ではお弁当が用意してありました。 気仙沼想い弁当は、気仙沼名物の無添加さんまつくだ煮や気仙沼港水揚げのハモニカ煮が入った地元想いのお弁当です。 ボリュームもあり、美味しかったです。



大島小学校の校庭には、昨年8月に訪れた時には東日本大震災の地震で足首から折れてしまっていた二宮金次郎像が、元通りに修復されていました。



お弁当を食べて約30分の自由時間。 ゴール地点である気仙沼大島ふれあい広場に行ってみました。



ふれあい広場には、たくさんのこいのぼりが気仙沼大島の青い空に泳いでいました。



中央ステージでは、ゲストのMEGARYUさんのライブで盛り上がっていました。 



島民ふるまいブースでは、気仙沼大島産のわかめを使った「わかめ汁」のふるまいがありました。 



また、まぐろの兜焼きも無料のふるまい。



美味しい兜焼きもいただきました。



大島農水産物直売「島って市」も行われていました。



気仙沼大島名物の塩蔵わかめを買いました。



最後にランフェスタの記念撮影スポットで、撮っていただきました。


これで、ランフェスタのボランティアスケジュールが終了しました。 


ランナー・島民・ボランティアがひとつになった大会でした。 これから横浜に帰ります。 


続きは、明日のブログに書きます。



気仙沼大島ランフェスタボランティア!

5月26日 ケータイ http://blog.uchino-atsushi.com/?day=20120526

5月27日 ケータイ http://blog.uchino-atsushi.com/?day=20120527

気仙沼大島ランフェスタボランティア! 出発〜気仙沼港〜気仙沼大島上陸!  
http://blog.uchino-atsushi.com/?day=20120528

気仙沼大島ランフェスタ ボランティア! がんばっぺなぁ〜! 
http://blog.uchino-atsushi.com/?day=20120529

気仙沼大島ランフェスタ ボランティア! 気仙沼大島〜気仙沼港〜横浜到着!
http://blog.uchino-atsushi.com/?day=20120530



被災地入り 1回目 2011年5月4日 「女川町復興市ボランティア

被災地入り 2回目 2011年5月25日 「東松島ボランティア

被災地入り 3回目 2011年7月3日 「防災林植林ボランティア

被災地入り 4回目 2011年8月15日 「松島お祭りボランティア

被災地入り 5回目 2011年11月13日 「石巻市立大川小学校献花」 「SL宮城石巻復興号乗車

被災地入り 6回目 2012年2月19日 「山元町ボランティア

被災地入り 7回目 2012年5月13日 「つくば竜巻ボランティア

被災地入り 8回目 2012年5月27日 「気仙沼大島ランフェスタボランティア


| ブログトップページへ | 被災地・復興 ボランティア | 23:59 | - | プロフィール |