都筑の冬

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
SEARCH THIS SITE

CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

qrcode


コメント欄は個人情報が載せられてしまったので閉鎖しています


<< 横浜防災ライセンス取得! | main | 韓国へサッカーボールを贈る旅! 2日目 10月31日 >>
 韓国へサッカーボールを贈る旅! 1日目 10月30日
   



LCCの格安航空会社エアアジアの韓国ソウル線運航記念で片道980円のキャンペーン価格の航空券がゲットできたので、2泊3日で韓国ソウルの児童施設の子供たちにサッカーボールを贈り、知り合いの生まれたばかりの赤ちゃんも見てきました。

現地からスマホで投稿しましたが、デジカメで撮った分をブログアップいたします。



成田空港へは、久しぶりにスカイライナー。 いつもは、センター南駅よりバスに乗るのだが、出発直前まで仕事をしていたら、バスの出発時間に間に合わなくなり、たまプラーザからのバスもちょうどいい時間が無かったので、電車に飛び乗り、スカイライナーに乗ってきました。 ギリギリの時間でなければ、京成の特急の成田空港行きだと安かったのだが、LCCはチェックイン受付が出発1時間前までで時間が過ぎると容赦なく搭乗できなくなるので、仕方が無くスカイライナーです。 でもうちの娘・聖火は大喜びでした。



成田空港に到着。 エアアジアのチェックインカウンターはF。 Fは、一般のチェックインカウンターが並んでいる所ではなく、道路側の隔離された場所でした。



カウンターはユニクロの脇の小さな入り口から入ります。



カウンターの前に機内持ち込み手荷物のはかり。 エアアジアでは手荷物は7Kgまで。 超過すると多額の超過料金が取られてしまいます。 また、大きさの規定もあります。



チェックインはWebチェックイン済みだが、機内に預けるトランクやサッカーボールがいっぱい詰まったバックを預けます。 もちろん全て有料です。 無事に時間内に手続きが出来て一安心。



次に搭乗ゲートも出発20分前にはクローズしてしまうので、早めに出国審査に向かいます。



平日なのでスムーズに出国審査もでき、余裕を持ってゲートに到着しました。 そして、ゲートオープン。 小さい子供がいると優先搭乗が出来るので、一番でゲート通過。



しかし、飛行機まではバスで移動するので、優先搭乗はあまり意味はありませんでした。



バスで移動すること5分ほどで搭乗機が見えてきました。



いよいよ搭乗です。 乗る前にパチリ。



最新鋭の新型機なのでピカピカ。



機体の脇でもパチリ。 



エアアジアJW893便・成田発仁川行きは定刻どおり14時15分に出発。 聖火は離陸前は窓の外を眺めていましたが、離陸後すぐにおねんねしてしまいました。



エアアジアの機内食は別料金。 初めてなので、行きだけネットで注文しておきました。 妻は和食セット・スペシャルBENTO味噌汁付き。



私は洋食グリルドチキン(ソフトドリンク付き)。



聖火は、お子様セット(ゼリードリンク付き)。 寝ていましたが、韓国到着前に起きだして食べていました。



17時に韓国仁川国際空港に到着。 夕方なので、機体の影が滑走路に映っていました。



仁川空港ではバスではなく、ゲートブリッジに到着しました。



しかし、一番遠いゲートで、入国審査までがとても長かったです。



シャトルトレインに乗り、入国審査へ。



入国審査は行列でしたが、小さい子供がいるため優先審査。



無事に韓国入国できました。



仁川空港からソウル市内へはエアポートバスで移動。 



空港から1時間ほどで、宿泊するゲストハウスがある明洞へ到着。 



ゲストハウスはベットではなく、韓国式のオンドルルーム。 



早速、ソウルの街に出かけました。 歩いて15分ほどでソウルタワーの麓のケーブルカー(ロープウェー)乗り場に到着。 



ケーブルカーに乗って、ソウルタワーに向かいます。



5分ほどでソウルタワーの足元に到着。 下からタワーを見上げます。



入り口には、世界各地のタワーの高さが表示されていました。 東京スカイツリーもありました。



ソウルタワーからの眺め。 ソウルタワーが236メートルで標高243メートルの丘に立っているので、海抜479メートルからの眺めです。



展望室にはポストもあり、聖火宛ての絵葉書を投函しました。



ソウルタワーから下りてきて周辺を散策。 麓にはたくさんの愛の鍵。 まるで湘南平のよう。



また、イルミネーションもたくさん輝いていました。



ソウルのマスコット「へチ」とパチリ。



お腹も空いたので、街に戻り食堂へ。



韓国のテレビで紹介されたという巨大なトンカツの看板が目に入り、入店。 たくさんのお客さんが食べていました。



巨大トンカツにはカレーソースがかかっていました。



妻と聖火は白身魚フライ。 

当初は、もっと定番の韓国料理を楽しみにしていたが、これはこれで美味しかったです。


明日のブログは、韓国2日目の様子を紹介します。



韓国へサッカーボールを贈る旅 1日目 http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1153488

韓国へサッカーボールを贈る旅 2日目 http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1153489

サッカーボールを孤児院の子供たちへ http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1153490

韓国へサッカーボールを贈る旅 3日目 http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1153491


| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 23:59 | - | プロフィール |