都筑の秋

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
SEARCH THIS SITE

CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

qrcode


コメント欄は個人情報が載せられてしまったので閉鎖しています


<< 台風18号 京都水害被害ボランティア 1日目 福知山! | main | 台風18号水害ボランティアで京都へ。 聖火たちは観光して復興支援! >>
 台風18号 京都水害被害ボランティア 2日目 舞鶴!
   

9月16日に発生した台風18号の京都府災害ボランティアに参加するため、9月22日と23日に京都に行ってきました。

ちなみに、うちの娘・聖火と妻と妻のお母さんも一緒に京都に行きました。 聖火たちは観光して復興支援です。



京都2日目。 せっかく京都に来ているのでお寺ぐらい見たいと思い、早朝5時30分に散歩。 ホテルからほど近い東寺に行ってきました。



新幹線からも見える東寺の五重塔を見て、京気分になりました。 ちなみにうちの娘・聖火たちも誘いましたが、まだおやすみ中・・・。



7時にみんなで朝食を食べ、7時30分の京都駅行のホテル送迎バスに乗り込みました。 聖火がお見送りしてくれました。 聖火たちは、金閣寺や平等院に行くそうです。



京都災害ボランティアバス2日目の行先は、日本海側の「舞鶴」。 こちらも増水により被害が発生しました。 朝8時に京都駅を出発。 舞鶴までは約100キロ離れていますが、昨日のような渋滞もなく順調に走行。



9時すぎにはトイレ休憩で丹波の里やまがた屋へ到着。 お昼ごはんに京都らしいお弁当が買いたかったが京風などなく、隣接するコンビニで関西風のおにぎりを2個買いました。 



出発から2時間、日本海が見えてきました。 舞鶴港です。 被災地もすぐそこです。



10時すぎに、舞鶴港に隣接する現地の舞鶴災害ボランティアセンターに到着。



リーダーが受付している間に、作業着に着替え。



作業道具も一通り揃っていました。



真鶴災害ボランティアセンターからバスで10分ほど移動して、この日のボランティアをする下東地区へ。 現地の拠点は下東公民館。 この地区は水が出やすい地区なので、どこもかさ上げした上に建物があります。 先日の台風18号では、公民館の石のかさ上げ部分は水没してしまったそうですが、建物に浸水の被害はなかったそうです。 写真の高さ約2メートルの石の部分に濁流が襲いました。 



現地の区長さんによる作業内容の説明を受け、午前中は北近畿タンゴ宮津線の土手に流れ着いたゴミやガレキの撤去をすることになりました。



スコップを持って作業開始。



北近畿タンゴ宮津線の列車は、基本は1両編成のかわいいディーゼルカーです。



左手の土手の上に北タンゴ鉄道が走っています。 白く泥まみれになっているところに濁流が押し寄せ、ゴミやガレキが漂着しています。



この斜面で下の道から高さ3〜4メートルはあります。 ドラム缶まで流れ着いています。



発泡スチロールやペットボトルなどの軽い物から流木なども漂着。



ゴミは土のう袋に入れていきます。 ちなみに上の写真の私の首あたりから下に白く泥に覆われているところが冠水したところで、首から上の緑のところは冠水を免れました。 その緑の部分のちょっと上に北タンゴ鉄道の線路があります。 あともうちょっと増水していたら線路も冠水していました。



作業中にも列車が通り過ぎました。 1時間に1本から2本ほどの運行です。



土手斜面いっぱいに張り付いていたゴミやガレキなどの漂流物もきれいに取り除けました。



作業していた小川には、カニ・カエル・タニシ・小魚・ムカデ・ヘビなどいっぱい出てきました。 まさに自然の宝庫です。



12時になり、午前中の作業は終わり。 1時間のお昼休憩です。 この時間を利用して、集落の様子を見てきました。 とにかく至る所に集められたガレキ類が置いてあります。



田んぼや畑の点在する地区なので、草・木・竹などが多くありました。



畑も泥に覆われました。



泥のかぶった大地には、枯れてしまった野菜が見えます。



看板類も至る所で倒れていました。



今回増水した由良川。 上流には前の日にボランティアをした福知山があります。 ちなみに、日本海の河口へはここから5キロほどです。



川岸の草木もすべて下流側に倒れていました。



川からちょっと小高い所にも濁流は襲いました。



ガードレールも曲がっています。



速度標識にも草が引っかかっていました。



ガードレールも外れていました。



標識類はすべて倒れていました。



道路の柵にはわらが引っかかっています。



途中に由良川洪水時道路冠水監視場所の目盛が付いた標識がありましたが、この標識も水没するほど冠水したそうです。



住宅地側はガレキの山。



農作業用品が水に浸かって使え物にならなくなったようです。



小屋にも濁流が襲いました。 ちょうど小屋の入り口の高さまで水に浸かりました。 水の跡が残っています。



小屋の中はすべて運び出されていましたが、床は泥だらけ、棚にも泥が残っていました。



草木がうず高く集められている前を北タンゴ鉄道の列車が走り抜けていきました。



下東公民館に戻る途中に、学校給食用特別栽培米田圃がありました。 すべて水に浸かり横倒しになっていました。



場所によっては枯れ始めているように見えました。



午後1時からは午後の作業の開始。 午後は道路際に集まったゴミやガレキの撤去。 たくさんの漂流物が見えます。



ゴミのほか草木も取り除きます。 



道路際はどこも漂流物でいっぱい。



1時間ほどできれいに取り除きました。



ゴミなどは土のう袋へ。 あっという間にいっぱいになります。



道路際もきれいになり、次の作業のために公民館に戻ります。 この道を進むと日本海に通じます。



最後の作業は民家先の側溝の泥の掻き出しとガレキの運び出し。 側溝の掻き出しはスコップを持って泥を運び出しましたが、写真は撮り損なってしまいました。 また、民家からガレキも運び出しました。 農機具や臼なども廃棄処分。



農機具類は水に浸かると使え物にならなくなってしまいます。



最後にガレキを集めて作業は終了。



ガレキの山の向こうに北タンゴ鉄道の列車が通っていました。



男性陣が側溝の泥の掻き出しなどの作業中、女性陣は畑の電気柵の部品を洗う作業。



午後3時すぎにバスが迎えに来て、帰路に着きます。



現地の住民の皆さんが、手を振って送ってくれました。



車窓からは、今日の作業で出たガレキや土のう袋を清掃車に積み込んで片づけている様子が見れました。



舞鶴災害ボランティアセンターに立ち寄り。 リーダーが報告書などを提出。



この日の舞鶴災害ボランティアセンターでの作業人数は150人ほど。 



舞鶴のおばちゃんがトン汁を作って待っていてくれました。 温かくて美味しかったです。



またパンの支給もありました。



さらに飲み物のサービスもありました。



ひと休みした後、午後4時に京都駅に向けて出発。



日本海の舞鶴港ともお別れ。



帰り道も渋滞もなくスムーズに走行。 5時すぎにトイレ休憩にお馴染みになったやまがた屋に到着。



お土産に被災地の名物を買いたかったが、大雨被害により入荷がストップしているそうで買えませんでした。



そして、午後6時30分に京都駅に到着。 ぼけていますが「お疲れ様でした」と書いたボードを持ったスタッフさんが出迎えてくれて、2日間に亘って活動したボランティアは終了となりました。


この連休で私を含めたくさんのボランティアさんが活動したので、被災地での活動は一息ついたそうです。


今回は、数十年で体験したこともない水害で、特別警報も発令されたほどでしたが、今年もまだまだ台風が発生しそうなので、水が出ないことを祈るばかりです。


被災された皆さんの生活が早く普通の日常に戻ることを願っています。




台風18号 京都水害 嵐山! http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1153995

京都水害ボランティア1日目 福知山! http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1153996

京都水害ボランティア2日目 舞鶴! http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1153997



2011年5月4日  「東日本大震災 女川町 復興市ボランティア

2011年5月25日 「東日本大震災 東松島ボランティア

2011年7月3日  「東日本大震災 八戸 防災林植林ボランティア

2011年8月15日 「東日本大震災 松島 お祭りボランティア

2012年2月19日 「東日本大震災 山元町ボランティア

2012年5月13日 「つくば 竜巻ボランティア

2012年5月27日 「東日本大震災 気仙沼大島 ランフェスタボランティア

2013年9月8日  「越谷 竜巻ボランティア

2013年9月22日 「台風18 京都水害 福知山ボランティア
 
2013年9月23日 「台風18 京都水害 舞鶴ボランティア

2013年11月17日 「台風26号  伊豆大島 土石流災害ボランティア

2014年2月23日 「山梨大雪 北杜市 雪災害ボランティア


| ブログトップページへ | 被災地・復興 ボランティア | 23:59 | - | プロフィール |