都筑の冬

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
SEARCH THIS SITE

CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

qrcode


コメント欄は個人情報が載せられてしまったので閉鎖しています




<< 都筑中央公園で「お正月遊びと餅つき」が行われました! | main | 都筑・中川地区ふれあい朝市で焼いも大会用のサツマイモを買いました! >>
 都筑区南山田町織茂養鶏場の「大寒のたまご」!
   



今日は大寒。 昔から「大寒のたまご」を食べると「金運や健康運に良い!」と言われています。 

大寒に産んだたまごを求めて、都筑区南山田町の織茂養鶏場にうちの娘・聖火と行ってきました。


「大寒のたまご」とは?  とあるホームページより

昔から「大寒の卵」を食べると「金運や健康運に良い!」と言われています。 大寒の日に産まれる卵は、滋養に富んでいると言われ、昔から、健康な暮らしを願って食べ続けられてきました。 それは1年で最も寒いこの時期(大寒)、寒さのため、鶏は水を飲む量が減少する反面、飼料は多く摂ろうとします。 そのため、飼料の栄養分が普段よりも十分に卵に現れ、一年の中でも「最も濃厚でおいしい卵の味」になるからです。



直売所の売り場までに鶏舎の前を通ります。 網の奥にはニワトリがいます。



鶏舎の中には、6000羽ものニワトリが元気にエサを食べていました。



コケコッコー。



直売所は、鶏舎の奥にあります。



生みたてのたまごがいっぱい。



大寒のたまごです。



奥では選別が行われています。



今回は、規格外卵を1Kg買うことにしました。



また、都筑野菜も販売しています。



たまごと一緒に小松菜などを買って、聖火がお会計。



大寒のたまごを食べて、健康と金運に恵まれたいです。


今夜は、大寒のたまごでおでんを食べたいです。


| ブログトップページへ | 食べ歩き・グルメ・味覚 | 23:59 | - | プロフィール |