都筑の冬

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
SELECTED ENTRIES
SEARCH THIS SITE

CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

qrcode


コメント欄は個人情報が載せられてしまったので閉鎖しています


<< 2020年の東京オリンピックで聖火ランナーを目指す娘・聖火を取材してくれました! | main | 明日25日は 「えだきん朝市&屋台村」 開催! >>
 2020年の東京オリンピックで聖火ランナーを目指しているうちの娘・聖火と一緒に行った国立競技場ツアーの様子を新聞・テレビ・ラジオで取り上げてもらいました。
   

2020年の東京オリンピックで聖火ランナーを目指しているうちの娘・聖火と一緒に行った国立競技場最後のスタジアムツアーの様子を新聞・テレビ・ラジオで取り上げてもらいました。



カラー写真で大きく取り上げてくれたのが、産経新聞。

記事 → 2004年アテネ五輪で聖火ランナーを務めた横浜市都筑区の酒店経営、内野敦さん(47)は「最後に聖火台と一緒に写真を撮りたかった」と感慨深げ。長女の聖火ちゃん(4)は、父親が持って走った本物のトーチを持ちながら「聖火ランナーになりたい」と6年後の東京五輪に思いをはせた。



産経デジタル
http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/140522/lif14052221420031-n1.html

ヤフーニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140522-00000573-san-soci




東京新聞にはインタビュー記事を載せていただきました。

記事 → 国立競技場の象徴はやはり聖火台だ。スタンド最上段に鎮座する高さ2.1メートルの鋳物の前で、横浜市の酒販売店経営、内野敦さん(47)は、娘の聖火ちゃん(4つ)と記念撮影をした。アテネ五輪の際に都内で聖火ランナーを務め、娘にも次の東京五輪で聖火リレーを走ってほしいと名付けた。
「聖火台を間近で見て迫力に驚き、競技場の歴史を感じた。この重みを次の世代に伝えたい」。そう言って聖火ちゃんを抱き上げた内野さん。眼下には、多くのドラマが生まれた国立の芝生が青く輝いていた。




読売新聞にもインタビュー記事を載せていただきました。

記事 → 横浜市の酒店経営、内野敦さん(47)は、2004年アテネ五輪の聖火が日本に来た時に聖火ランナーを務めたことで名付けた長女の聖火ちゃん(4)と参加。当時、使ったトーチを持参し、聖火台を背に記念撮影をした敦さんは「寂しいが、新しく生まれ変わるのは楽しみ」と語った。聖火ちゃんは「東京五輪で聖火ランナーをやりたい」と声を弾ませた。




テレビでは、TBS朝チャンで放送してくれました。



わずかな時間でしたが、近所の方が「見たよ」と言ってくれました。



レポーターさんに写真も撮ってもらいました。

あと、フジテレビでも取材を受けましたが、放送されたかどうかは分かりません。




最後に、ラジオ放送。 いつも聴いているニッポン放送垣花正さんのあなたとハッピーで放送されました。 垣花正アナウンサーとパチリ。


『奇跡!?ハッピーリスナーの内野さんと』

*なんと娘さんの名前は、聖火ちゃん!!

*内野さんが、2004年アテネオリンピックで、聖火ランナーをしたことから、名付けたんだそうです!

番組ホームページに写真が出ています
http://www.1242.com/program/happy/2014/05/23/



2020年の東京オリンピックまであと6年。 うちの娘・聖火が新国立競技場の聖火台に灯る聖火を聖火ランナーとして参加できるようにサポートしていきたいです。 


| ブログトップページへ | 東京オリンピック | 23:59 | - | プロフィール |