都筑の冬

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
SEARCH THIS SITE

CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

qrcode


コメント欄は個人情報が載せられてしまったので閉鎖しています


<< 広島土砂災害ボランティア 1日目 安佐南区八木地区で活動! | main | 広島土砂災害ボランティア 聖火たちは市内観光して復興支援! >>
 広島土砂災害ボランティア 2日目 安佐北区可部東地区で活動!
   

8月20日に発生した広島土石流の災害被災地に、ちょうど1年前に発生した京都水害ボランティアと同じように遅い夏休みを取って14日(日)と15日(月)にボランティア活動してきました。 土石流ボランティアは昨年11月の伊豆大島土石流ボランティア以来で、災害ボランティアは2月の山梨雪害ボランティア以来です。

1日目は安佐南区八木地区で活動しましたが、2日目は安佐北区で活動です。



昨夜は広島駅近くのホテルに泊まり、この日も可部線に乗り被災地に向かいます。



8時2分広島駅発の列車に乗りました。 終点まで行きます。



8時45分に終着駅の可部駅に到着。 



駅から歩くこと20分で、安佐北区のボランティアセンターに到着。



安佐北区のボランティアセンターは、総合福祉センターに開設されています。



まず受付。



この日の受け入れは170人。 昨日の安佐南区ボランティアセンターのように受け入れ終了になっていなくてよかったです。



活動説明などを聞いた後、飲み物をいただいて出発。 日本各地から救援物資として送られてきたもので、我が神奈川県の鎌倉大仏が描かれたお水もありました。



ボランティア作業の現地活動センターがあるサテライトへはバスで移動します。



サテライトは丘の上にあり、道は狭く被災しているためバスは麓まで。 そこからは歩いて登ります。



バスから降りて10分ほどで現地サテライトに到着。



サテライトの目の前には、大規模な崩落現場が見渡せました。


 
車が流されているのも見えます。



サテライトには、アメリカ軍岩国基地からもボランティアが集結していました。



この日の活動は、公園に積もった土砂の取り除き作業。 現場まで行く道には、被害の惨状ありました。



車も無残。 後方にも2台積み上がっています。



重機で土砂を取り除く作業も行われていました。



サテライトの丘の麓にある上原第二公園に到着。 ここがこの日の活動場所。



約20センチほど積もった土砂を取り除きます。 すでに数日前から作業は続けられており、あと公園の1/4ほどの土砂を取り除けば終わります。



取り除いた土砂は、土のう袋に入れて集めます。



ボランティア作業中の撮影は禁止されているため、休憩中に撮ってもらいました。 こんな感じに作業しています。



この公園の脇には川があり、ちょうど2つの川の合流地点で川が氾濫し、フェンスをなぎ倒して土砂や流木が公園を襲いました。



川には上流から流れてきた流木などが引っかかっていました。



濁流は公園内を襲い、そのまま公園内のフェンスをなぎ倒し下流に流れていったようです。



公園内には、流木やガレキが集められていました。



お昼12時で午前中の作業は終了。 たくさんの土砂を土のう袋に入れました。



お昼ごはんは炊き出しをいただきました。 九州の博多からお肉の田中屋さんがやってきてくれました。



地域の住民やボランティアさんに無料奉仕です。



炊き込みご飯にから揚げ・牛肉の煮込み・フランクフルトを乗せてくれて、博多名物のもつ煮もありました。



ボリューム満点の炊き出しです。



本場博多の絶品もつ煮。



アメリカ軍の皆さんも美味しく食べていました。



食後には、かき氷のサービスもありました。



また、午後の作業でお腹が空いてしまうといけないとの事で、おにぎりもいただけました。



午後もひたすら土砂取り除き作業。



午後3時に土砂の取り除きが終わりました。 積もっていた土砂が無くなり、被災前の公園に戻りました。



たくさんの土のう袋が積み上げられました。 土のう袋や流木・ガレキの撤去は、翌日以降の別のグループに受け継げられます。



歩いてボランティアセンターに戻る途中、ゴミ置き場に泥が付いたままのサッカーボールがありました。



まだ使えるサッカーボールなので、海外の子供たちに贈ろうと持ち帰りました。



帰り道、まだまだ復旧していない現地を見ながら戻りました。



3時15分頃にボランティアセンターに到着。



この日の安佐北区のボランティア数は、261人でした。



また、米軍岩国基地からは46人が作業されました。



ボランティア参加者には、すぐ近くにある日帰り温泉・可べの湯の入浴券も無料配布されました。



また、近隣にあるカレーのCoCo壱番屋では一人1000円分までのお食事が無料になります。



寄せ書きにメッセージを書いて、可の湯へ向かいます。



ボランティアセンターから3分ほどの可べの湯で、ボランティアの汗を流しました。 気持ちよかったです。



さらに、CoCo壱番屋さんへ。



当日のボランティアカードと保険カードを見せると1000円まで無料です。



ジューシーメンチカツカレーをいただきました。 美味しかったです。



温泉に入浴しカレーも食べてリフレッシュできたので被災地を歩いてから帰りたかったのですが、この日は横浜まで帰るため、夕方5時すぎの広島行の可部線に乗り込みました。



ホームからは、土砂崩れの現場も見れました。


被災地の一日も早い復旧と復興を願いながら、現地を後にしました。


たった2日間しかボランティアが出来ませんでしたが、まだまだ現地では人手が必要だと感じました。

近年は集中豪雨も激しさを増し、このような災害は日本のどこでも起こりうります。

早め早めの避難が必要だと、現地を見て改めて感じました。




広島土砂災害ボランティア 1日目 安佐南区八木地区で活動!
http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1154582

広島土砂災害ボランティア 2日目 安佐北区可部東地区で活動!
http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1154583




2011年5月4日  「東日本大震災 女川町 復興市ボランティア

2011年5月25日 「東日本大震災 東松島ボランティア

2011年7月3日  「東日本大震災 八戸 防災林植林ボランティア

2011年8月15日 「東日本大震災 松島 お祭りボランティア

2012年2月19日 「東日本大震災 山元町ボランティア

2012年5月13日 「つくば 竜巻ボランティア

2012年5月27日 「東日本大震災 気仙沼大島 ランフェスタボランティア

2013年9月8日  「越谷 竜巻ボランティア

2013年9月22日 「台風18号 京都水害 福知山 ボランティア
 
2013年9月23日 「台風18号 京都水害 舞鶴 ボランティア

2013年11月17日 「台風26号  伊豆大島 土石流災害ボランティア

2014年2月23日 「山梨大雪 北杜市 雪災害ボランティア

2014年4月13日 「福島 酒蔵祭りボランティア

2014年9月14日 「広島 土石流災害 安佐南区 ボランティア

2014年9月15日 「広島 土石流災害 安佐北区 ボランティア
 

| ブログトップページへ | 被災地・復興 ボランティア | 23:59 | - | プロフィール |