2017-06-03-900.png

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
SEARCH THIS SITE

CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

qrcode


コメント欄は個人情報が載せられてしまったので閉鎖しています


<< ボランティア活動は、神社の片付け! | main | 第21回目都筑ふれあい健康マラソン大会(旧都筑区民ロードレース大会)エントリー受付を開始! >>
 長野県北部地震の被災地白馬村でボランティアしてきました!
   

昨日、11月22日に発生した長野県北部地震の被災地である白馬村でボランティアをしてきました。

うちの娘・聖火と妻も同行し、聖火たちは白馬村を観光して復興支援。



朝4時に都筑を出発し、午前7時30分に白馬村に到着。 白馬村災害ボランティアセンターの受付は午前9時からの為、先に被災地を見に行ってみました。



今回の長野県北部地震は神城断層で発生し、断層上の地域に被害が集中しました。 最大被災地の堀之内地区では、多くの家屋が倒壊していました。 墓石もすべて倒れていました。



集落の中心部にあり、避難場所でもある堀之内公民館も建物がゆがんでいます。



中はメチャクチャ。



天井は落ち、家具などは倒れ散乱。



全てが右方向に歪んでいます。



裏側から見ると、建物が歪んでいるのが分かります。



大きな家屋も道をふさいで倒壊。 1階部分が潰れています。



こちらの家屋も道をふさいでいます。 道のアスファルトが亀裂でボロボロ。



積雪の多い地域なので屋根は丈夫に作られているのか、1階は潰れていても屋根だけは残っています。



車は何台も潰れていました。



こちらの大きな家屋も右方向に歪んでいます。



かろうじて建物は倒れていませんが、大きな余震でもあれば倒壊しそうな状態。 中も畳がめくり上がっているなど散乱。



電柱も倒れ掛かっています。



こちらも中に車が見えます。



ほとんどの道のアスファルトは、亀の甲状になっています。



農作業小屋も倒壊。 トラクターや収穫された野菜が下敷きになっていました。



道に亀裂も多数。



大きな亀裂も見れます。



コンクリート造りの建物も崩壊。



前から見たら歪んでいるだけだと思いきや、後ろ側は倒壊していました。



こちらも1階部分がすべて倒れていました。



土壁も多く、粉々になっていました。



この建物も土壁が使われています。



マンホールも浮き上がっていました。



雪が降る前に、急ピッチで取り壊しが行われていました。



聖火にも大きくなった時にいろいろ考えてもらうように被災地を見せました。 但し、余震で倒壊の危険があるので、危なくないところへ。



今までいろいろな被災地に行っている聖火ですが、大人になったらこの経験を生かしてもらいたいです。



朝9時になり、ボランティア開始。 聖火たちは村内観光して復興支援するため別行動。



今回のボランティア活動は、山の上にある城嶺神社から神具などの運び出し。



拝殿も大きくゆがんでいます。



拝殿の畳をまず山の中腹まで運び、その後各種神具の運び出し。



おみくじ箱も運びました。



お神輿は慎重に降ろします。



鈴なども下ろしました。



山の中腹からは軽トラックで運びます。



時計も地震発生時の22時8分で止まっていました。

ボランティア活動中は作業を頑張ったので写真はほとんど撮れませんでした。



午後3時にボランティアは終了。



村内観光していた聖火たちと合流。



差し入れの地元のリンゴもいただけました。 



飲み物やパン



カップラーメンなどありました。



着替えたりカップラーメンをいただいてている間、聖火たちは駅前の足湯で待っていました。



帰る前に、聖火に活動地を見せようともう一度現地へ。 この山の上に神社があります。



登り口には山の水も流れていて、コップもあり飲めるようでした。 水を貯める石受けは倒れていました。



神社までは急な山道を登ります。 断層亀裂があり、ブルーシードで覆われています。



かなりの段差になっています。



ゆっくり5分ほど登って城嶺神社に到着。 入口の祠もひっくり返っています。



鳥居は鉄製なので倒れていませんが、微妙に歪んでいます。



城嶺神社。 



手前の神楽殿は倒壊。 本来なら舞台があったそうです。



建物に近づくと危険なので、聖火たちは遠くから見ています。



拝殿も右に傾いています。



ちょっとした余震や雪が積もれば倒壊しそうです。



奥の本殿も倒壊。



神楽殿。



山には雪が降り積もり始めたましたが、村に雪が降るのもすぐです。

倒壊した建物に雪が積もる前に急ピッチで作業が進んでいます。 


一日も早い復興を願います。




2011年5月4日  「東日本大震災 女川町 復興市ボランティア

2011年5月25日 「東日本大震災 東松島ボランティア

2011年7月3日  「東日本大震災 八戸 防災林植林ボランティア

2011年8月15日 「東日本大震災 松島 お祭りボランティア

2012年2月19日 「東日本大震災 山元町ボランティア

2012年5月13日 「つくば 竜巻ボランティア

2012年5月27日 「東日本大震災 気仙沼大島 ランフェスタボランティア

2013年9月8日  「越谷 竜巻ボランティア

2013年9月22日 「台風18号 京都水害 福知山 ボランティア
 
2013年9月23日 「台風18号 京都水害 舞鶴 ボランティア

2013年11月17日 「台風26号  伊豆大島 土石流災害ボランティア

2014年2月23日 「山梨大雪 北杜市 雪災害ボランティア

2014年4月13日 「福島 酒蔵祭りボランティア

2014年9月14日 「広島 土石流災害 安佐南区 ボランティア

2014年9月15日 「広島 土石流災害 安佐北区 ボランティア
 

| ブログトップページへ | 被災地・復興 ボランティア | 23:59 | - | プロフィール |