都筑の秋

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
SEARCH THIS SITE

CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

qrcode


コメント欄は個人情報が載せられてしまったので閉鎖しています




<< 都筑区センター南に近い区役所通りにバイク販売の 「SOX」 がまもなくオープン! | main | 都筑区民ホールで 「都筑・ボツワナ交流児童画展」 開催! >>
 都筑をガイドする会の 「都筑に残る旧大山道を辿る」 を歩いてきました!
   



都筑をガイドする会の「都筑に残る旧大山道を辿る」を歩いてきました。 都筑をガイドする会のウォーキングは、昨年の「淡島神社等の寺社と江川せせらぎ緑道を歩く」に参加した以来です。 今回は、一緒に参加した私の母のサポートをしながら歩きました。



朝8時30分に中川駅に集合。 100人の参加者の皆さんが参加されます。 先着順に班に分かれての出発です。



まず、花と緑のまち中川の説明。 地域の皆さんで活動されているルネッサンスプロジェクトの話を伺いました。
 


中川駅前の商店街の広場には、昨年作られた大きな花壇があります。



中川駅から遊歩道を少し歩いたところの牛久保西ひかりが丘公園で準備運動。 中川駅では迷惑になるので、公園で体操をしました。



今日は、この冬で一番寒い朝。 畑も霜柱がびっしり。



霜柱のアップ。 歩いて、体を温めます。



まず、最初のポイントである「地神塔」に到着。 地神さまは、春の社日に出てきて田畑に出て作物を作り、秋の社日に帰っていく作神と考えられています。 百姓の神様・土地の神様といわれ、地神講中によって建てられました。 牛久保の地神塔は、1870年に造立されたそうです。



地神塔から山を上がると、旧大山街道にある皆川園さんの見事な植木が見えてきました。



都筑区内でもっとも高い地点近くには、都筑みかん園があります。 ウチも2011年にみかん狩りをしました。



旧大山街道が走る尾根道に到着。 ここは横浜市と川崎市の境界。 道には、市境界の標識が埋め込んであります。



旧大山街道の名残が見える道。 私が小さいころはまだ砂利道で、本当に街道でした。



都筑みかんも道端で売られています。



皆川園さんに到着。 昔は街道の馬の休憩所である立場が置かれていたそうです。



旧大山街道沿いには、所々に大山街道のステッカーが貼ってありました。



皆川園さんの隣は、横浜キウイで有名な宮台農園さん。 希少な横浜レッドキウイは、今シーズン分は売り切れてしまったそうです。



旧大山街道の江田宿手前に、霊泉の滝があります。 横浜の名水七選にも選ばれています。



霊泉の滝の一番上に置かれている滝不動は、1768年に造立されたものです。 今から240年以上前になります。



脇の階段を上がると、老馬鍛冶山不動尊があります。



初詣の時は、地元の皆さんで賑わいます。



境内には、お稲荷様も祀られています。



霊泉の滝に降りると、その先に旧早淵川が流れてい名残が見れます。 今は、河川の改修で国道246号線寄りに直線の川になってしまいましたが、昔は曲がりくねっていました。 この曲がりくねった遊歩道が、昔の川が流れていたところです。 私の小さい時はこの近くに友達の家があり、曲がりくねった川で遊んだ思い出もあります。 水車があった記憶もあります。



旧早淵川と今の早淵川の合流地点には昔は橋が架かっており、その橋脚の名残りが見れます。



早淵川沿いの遊歩道。 ここも旧大山街道と言われています。 



江田宿の入口に到着。 ここには、下宿の庚申塔があります。



この庚申塔は、1793年の徳川時代中期に荏田村下宿の婦人たちによって建てられたものだそうです。



旧荏田宿があったところに到着。 荏田宿は、江戸から七里(29.7km)の距離で、江戸を朝立ちした旅人が最初に泊まる宿として栄えました。 私の小さいころには、まだ現金屋さんも古いままの建物で営業されていましたが、現在はすぐ近くのマンション1Fに移転し、今はJA横浜の支店となっています。



荏田宿には4軒の旅籠のほか27軒の商店が並んでいましたが、1821年と1861年の大火によって焼失してしまいました。



なんとなく当時を偲ばせる蔵もあります。 ここにも大山街道のステッカーが貼ってありました。



国道246号線の手前には、秋葉山常夜燈が残っています。



荏田宿にほど近い山のふもとには、真福寺があります。



門前には、庚申塔もありました。



真福寺は養老山真福寺と称し、真言宗豊山派に所属しています。



本堂には神奈川県重要文化財に指定されている千手観音立像もあり、12年に一度、子の歳の4月に開帳されます。



また境内の収納庫には国重要文化財の釈迦如来立像があり、毎年4月8日のみ開帳されます。 この日は、特別に開帳されていました。 釈迦如来立像は撮影禁止の為、ぜひ4月8日に見に来てください。



本堂の廊下には、うちの娘・聖火が生まれてすぐに巡った寅年の都筑橘樹十二薬師巡りの柱がありました。



続いて、ウチの実家のすぐ近くにある荏田の鎮守・剣神社へ。 聖火が生まれて、初宮参りなど、何度もお参りに来ています。



ちょっと前に工事が行われて、庭がアスファルトに覆われてしまいました。 小さいころは、夏休みに毎日ラジオ体操をしたりして遊んだ土の庭だったのに・・・残念。

今年の大晦日も都筑安全協会で警備をします。 ぜひ初詣に来てください。 



再び早淵川へ。 昔はよく氾濫して、大型台風の度に昔の現金屋さんの商品が流されたのを思い出しました。



最後に、水神様へ。

水神様については以前のブログを読んでください。 → http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1154252



私の父が小さいころは、この堰でよく泳いだそうです。



いよいよゴールの中川駅に向かいます。 山崎公園の中の柿の木坂を上ると中川駅ももうすぐ。



無事に約7Kmの「都筑に残る旧大山道を辿る」コースを完歩し、ゴールの中川駅に到着しました。


天気に恵まれ、とても楽しいウォークとなりました。 また、参加したいです。


次の都筑をガイドする会は、2015年2月25日(水)に「関家住宅コース」になるそうです。

詳細は、都筑をガイドする会のホームページで発表されます。 

都筑をガイドする会ホームページ →  http://tzkgd.com/


| ブログトップページへ | イベント | 23:59 | - | プロフィール |