都筑の冬

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
SEARCH THIS SITE

CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

qrcode


コメント欄は個人情報が載せられてしまったので閉鎖しています


<< 日光のボランティア先周辺の状況! | main | 平成27年9月関東・東北豪雨ボランティア 2日目 栃木県日光市でボランティア! >>
 平成27年9月関東・東北豪雨ボランティア 1日目 茨城県常総市でボランティア!
   

今年の9月もまた大規模な水害が発生し、昨年の「広島土石流水害ボランティア」、おととしの「京都台風水害ボランティア」に引き続き、今年の9月の連休も茨城県常総市と栃木県日光市で水害ボランティア活動をしてきました。

シルバーウイークなので家族と妻のお母さん・妹さんの5人で出かけ、私がボランティア活動をしている間、聖火たちは観光して復興支援をしました。

2015-09-21-1.jpg

ボランティア1日目の9月20日は、茨城県常総市で活動。 シルバーウィーク渋滞に巻き込まれると間に合わなくなるため、朝5時すぎに都筑を出発。 7時に常総市役所に到着。 

2015-09-21-2.jpg

常総市役所の周りは、水に濡れて使えなくなった家財道具などが山積みになっていました。

2015-09-21-3.jpg

庁舎前には自衛隊の車両が停まっており、船も置いてありました。

2015-09-21-4.jpg

近くのコンビニは営業休止。 店内の備品などがコンテナに乗せられ、処分されるようです。

2015-09-21-5.jpg

近くの郵便局をはじめ多くのお店が水没し、休業に追い込まれています。

2015-09-21-6.jpg

ボランティアセンターの受付まで時間があるので決壊現場に行ってみました。 

2015-09-21-7.jpg

水は引いており水は溜まっていますが、浸水はしていません。

2015-09-21-8.jpg

この決壊現場直前までは住宅が立ち並んでいましたが、現場に来ると周囲は一変。 多くの家が流され、立ち並んでいたと思われる住宅はありませんでした。

2015-09-21-9.jpg

家があったと思われるところには、門だけが残っていました。

2015-09-21-10.jpg

上の写真の奥が鬼怒川の決壊現場。 奥から手前側に濁流が流れ込みました。

2015-09-21-11.jpg

濁流が流れたところは、道路も跡形がありません。

2015-09-21-12.jpg

決壊現場に近づくほど、家に甚大な被害が見受けられます。

2015-09-21-13.jpg

決壊現場の目の前ですが、濁流の本流からはずれたようでこのお宅の建物は残っていました。

2015-09-21-14.jpg

ちょっとずれるだけで建物への被害は免れています。

2015-09-21-15.jpg

道路1本隔てるだけで、被害は甚大。

2015-09-21-21.jpg

道路のアスファルトもめくり上がっています。

2015-09-21-23.jpg

濁流が町に流れ込んだ跡。 建っていたはずの家は流され、大地は削られています。

2015-09-21-17.jpg

復旧した堤防に上ってみました。 復旧工事が進んでいます。

2015-09-21-18.jpg

鬼怒川の河川敷は広く、ここが溢れるほどの水量が襲ってきたのが信じられません。 

2015-09-21-24.jpg

濁流の通り道。 鬼怒川の堤防から街のあった方面。

2015-09-21-25.jpg

決壊現場近くの倉庫。

2015-09-21-26.jpg

中は土砂に覆われています。

2015-09-21-27.jpg

決壊現場近くにはガソリンスタンドもありました。 ちょっとの差で濁流の直撃は免れました。 ガソリンなどは流失してないようです。

2015-09-21-28.jpg

ガソリンスタンドのすぐ先が濁流が流れ込んだ場所。 電柱が斜めに倒れています。 もちろん道路は跡形もありません。

2015-09-21-30.jpg

周囲はまだまだ水が溜まったまま。

2015-09-21-28-2.jpg

電線も垂れ下がっていました。

2015-09-21-34.jpg

ガソリンスタンドの向かいの家。

2015-09-21-35.jpg

家が傾いています。

2015-09-21-29.jpg

傾いた家のすぐ後ろ側一帯は、すべて流されています。

2015-09-21-30-2.jpg

道路のアスファルトもバラバラになって流れています。

2015-09-21-31.jpg

2軒の家が残されていました。

2015-09-21-31-2.jpg

手前の家は1階部分が流され、2階部分のみが残っています。

2015-09-21-32.jpg

その後ろに、ほとんど無傷の家がありました。 テレビで見ましたが、しっかり基礎が打ちこまれていたようです。

2015-09-21-32-2.jpg

後ろから見ると、屋根の部分に車が引っかかっていました。
2015-09-21-33.jpg

現場では、たくさんの車が被害を受けていました。

2015-09-21-36.jpg

畑には、屋根だけが流れ着いていました。

2015-09-21-37.jpg

何百メートルも流されたようです。

2015-09-21-39.jpg

街だったところにボートも流れ着いていました。 救助用に使ったというよりも、鬼怒川から流れてきたと思われます。

2015-09-21-39-2.jpg

濁流が襲った真ん中に電柱が見えます。

2015-09-21-40-2.jpg

電柱にしがみついて救助された男性が握っていた電柱。 電柱の下に大木が引っかかり、その上で救助を待ちました。

2015-09-21-40.jpg

すぐ近くでは車がえぐられた窪みに落ちていました。

2015-09-21-41.jpg

写真で見るよりも深いくぼみ。

2015-09-21-42.jpg

農具も至るところに転がっていました。

2015-09-21-43.jpg

キャンピングカーも横転。 中にあった物が周辺に流れていました。

2015-09-21-44.jpg

大木も根こそぎ漂流。

2015-09-21-45.jpg

1階部分が流失した家。 2階のみが流されてきたようです。

2015-09-21-46.jpg

決壊現場から離れるほど車が流れ着いています。

2015-09-21-47.jpg

車は軽いので、遠くへ流されます。

2015-09-21-48.jpg

家も横転。

2015-09-21-49.jpg

凄まじい流れだったことが分かります。

2015-09-21-50.jpg

さらに離れたところにも屋根や車が流れ着いていました。

2015-09-21-50-2.jpg

家はほとんど屋根の部分のみ。

2015-09-21-51.jpg

車は家や土砂に覆われていました。

2015-09-21-52.jpg

ジープも引っかかっていました。

2015-09-21-53.jpg

近くの用水路だったところにも車が落ちていました。

2015-09-21-54.jpg

車の近くの水たまりにはガソリンが漏れ出し、表面には油が浮き、油の臭いも漂います。

2015-09-21-55.jpg

軽トラックの荷台は泥の中。

2015-09-21-56.jpg

アスファルトでガラスが大破。

2015-09-21-57.jpg

漂流した草木が絡まっています。

2015-09-21-58.jpg

スポーツカータイプの車も土砂に埋まっています。

2015-09-21-59.jpg

外車も水難。

2015-09-21-60.jpg

8時になったので、5Kmほど離れた常総市災害ボランティアセンターに向かいます。

2015-09-21-61.jpg

8時20分すぎに常総市ボランティアセンターに到着。 観光して復興支援する聖火たちとはここで一旦お別れ。 聖火たちは筑波山に登るそうです。 

2015-09-21-62.jpg

ボランティアの受け付けは朝9時からなので並んで待ちます。 この日は予定より早く8時45分に受付開始。

2015-09-21-63.jpg

名前を登録し、名札をもらいました。 尚、ボランティア保険は都筑のボランティアセンターで事前に加入済み。

2015-09-21-64.jpg

せっかくなので力仕事の現場を希望し、男10人のチームで現場へ行くことに決定。 当初は、床上浸水をした家で被災家屋のがれき除去・家財道具や畳の運び出しなどの予定でしたが依頼人と連絡が取れず、せっかくの力自慢のチームでしたが民家の庭の泥かきになってしまいました。

2015-09-21-65.jpg

資材置き場には、私も過去にボランティアをした現場で使った用具が送られていました。 一輪車は伊豆大島災害ボランティアセンターからの提供。

伊豆大島土砂災害ボランティア → http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1154078

2015-09-21-66.jpg

スコップは、京都の舞鶴市からの提供。 広島からの資材もありました。

京都水害ボランティア → http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1153997

広島水害ボランティア → http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1154582

2015-09-21-67.jpg

資材・備品・飲料水を受け取り、マイクロバスで活動地へ。 活動地は決壊現場のすぐ近く。

2015-09-21-67-2.jpg

ボランティア中は頑張って働いたので、写真はほとんど撮っていません。 聖火に頑張った姿を見せるために撮ってもらいました。 民家の庭の泥かき中。 

2015-09-21-67-3.jpg

ひたすら泥をかいて、一輪車で泥を集めました。 まだまだ水分を含んでいるので重たいです。



決壊現場より濁流が流れ出した方向約1キロ先にボランティア現場があり、濁流は1メートルほど浸水したそうです。 植木の白くなったところまで水が上がりました。

2015-09-21-68.jpg

午後3時にボランティア活動終了。 売り上げの25%が常総市鬼怒川水害の支援金になる自動販売機でコーヒーを買い、疲れを癒しました。

2015-09-21-69.jpg

午後3時30分に筑波山で観光復興支援をしていた聖火たちが迎えに来てくれました。 この後は、翌日にボランティア活動を予定している日光へ向かいます。

2015-09-21-70.jpg

途中、常総市の白い城である豊田城・地域交流センターへ立ち寄りました。 お城の周囲はガレキ置場。

2015-09-21-71.jpg

すぐ隣の水没した田んぼに流れ込んだボールを発見。

2015-09-21-72.jpg

このボールは、来年のお正月に訪問するネパール大地震の被災地であるカトマンズの学校に持っていきます。

2016年 カトマンズの学校にサッカーボール → http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1155232


ちなみに昨年の広島豪雨の際に拾ったサッカーボールは、今年のお正月に訪れたラオスの学校に贈り届けてきました。

2015年 ラオスの学校に広島のサッカーボール → http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1154802



平成27年9月関東・東北豪雨ボランティア 2日目は、栃木県日光市でボランティア活動をしました。

日光市災害ボランティア → http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1155420




今までの災害ボランティア活動 (東日本大震災以降)

2011年5月4日  「東日本大震災 女川町 復興市ボランティア

2011年5月25日 「東日本大震災 東松島ボランティア

2011年7月3日  「東日本大震災 八戸 防災林植林ボランティア

2011年8月15日 「東日本大震災 松島 お祭りボランティア

2012年2月19日 「東日本大震災 山元町ボランティア

2012年5月13日 「つくば 竜巻ボランティア

2012年5月27日 「東日本大震災 気仙沼大島 ランフェスタボランティア

2013年9月8日  「越谷 竜巻ボランティア

2013年9月22日 「台風18号 京都水害 福知山 ボランティア
 
2013年9月23日 「台風18号 京都水害 舞鶴 ボランティア

2013年11月17日 「台風26号  伊豆大島 土石流災害ボランティア

2014年2月23日 「山梨大雪 北杜市 雪災害ボランティア

2014年4月13日 「福島 酒蔵祭りボランティア

2014年9月14日 「広島 土石流災害 安佐南区 ボランティア

2014年9月15日 「広島 土石流災害 安佐北区 ボランティア

2014年11月22日 「長野北部地震 白馬村 ボランティア

2015年9月20日 「茨城 豪雨災害 常総ボランティア」 

2015年9月21日 「栃木 豪雨災害 日光ボランティア


| ブログトップページへ | 被災地・復興 ボランティア | 23:59 | - | プロフィール |