都筑の秋

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
SEARCH THIS SITE

CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

qrcode


コメント欄は個人情報が載せられてしまったので閉鎖しています


 DL・SL 内房100周年記念号!
   



昨日、千葉・房総へ「DL・SL内房100周年記念号」に乗りに行って来ました。 SLが千葉を走るのは3年ぶり。 3年前は切符が買えず、今回も切符は買えないだろうと期待しないで1ヶ月前の発売日である1月12日にみどりの窓口に並び、10:00:00に発券ボタンを押してもらって、奇跡的にゲットできました。 今回も発売後1秒もしない内に瞬時に売り切れたプラチナ切符です。

昨日は、現地からケータイでブログアップしましたが、今日はデジカメで撮った分をアップします。



始発駅は木更津駅。 9時59分に出発ですが、9時30分に駅に着いた時にはすでにSLは入線していました。



今回のSLは、昨年復活したばかりの「C61-20」 初めての乗車となります。 旧客車を7両牽引します。



ホームでは、歓迎のイベントが目白押し。 ヘッドマークを持った着物姿のお姉さんやJR千葉支社のマスコット「えきちょう犬」、千葉県のキャラクター「チーバくん」も登場。



うちの娘・聖火が大好きな顔出しボードでパチリ。



まず、上りの木更津駅から千葉みなと駅へはディーゼル機関車が先頭で牽引する「DL内房100周年号」。

木更津駅・千葉みなと駅には、SLの方向を換える「転車台」が無いため、片道はディーゼル機関車の「DL」で、折り返しの下り・千葉みなと駅から木更津駅までが「SL」が先頭となります。

昨年11月に乗車した「DL・SL宮城石巻復興号」と同じです。



ディーゼル機関車は「DE101752」



まもなく木更津駅9時59分の出発時間。 着物姿のレトロな雰囲気で見送ってくれました。



定刻通り出発。 ホームでは多くの方が手を振って見送ってくれました。



沿線では、それはそれは多くのカメラマンや地域の皆さんが待ち構えていました。 また、線路に入ってしまった人がいて、二度ほど緊急停車してしまいました。 



車内では、車掌さんが検札。 聖火が切符を見せて、記念の乗車証明書をいただきました。



唯一の途中停車駅の姉ヶ崎駅に10時30分に到着。 29分の停車時間があり、ここでもたくさんのイベントがありました。 まず、子供用の駅長制服を着ての記念撮影。 女性車掌さんが着せてくれました。



SL内房100周年号の記念ボード前でパチリ。 決まっています!



乗車当日の2012年2月12日の乗車記念ボードでパチリ!



車掌さんからは乗車記念カードをいただきました。 



姉ヶ崎駅を10時59分出発。 ほどなくして、車内イベントのじゃんけん大会。 1車両につき5人の方がSLグッズがもらえます。 SLに乗るといろいろな車内イベントがあり、じゃんけん大会も多いが、いつも負けてばかりですが、まず妻が勝ち抜けて、ワッペン・硬券の記念切符・SL写真ボードをゲット。



妻の勝利品は聖火の元へ。 4人分の勝者が決まり、残りのひとつの景品をめぐり、敗者復活戦。

聖火もまだじゃんけんも分からないのだが、見よう見まねで参戦。 聖火はグーしか出せずに負けてしまいましたが、残り一人の景品(ピンバッチ・硬券・ペーパークラフト・石炭)をなんと私がゲットしました。 夫婦で景品をいただきました。



天気がよく日差しが強いので、木のカーテンを下ろしてみました。 昭和初期の旧型レトロ客車なので、車内は木製です。 



床も木の通路です。 聖火が木の通路を歩き回っていました。



終着駅の千葉みなと駅に11時59分に到着しました。 すでに駅はSLファンでいっぱいです。



折り返しのSLは12時57分発。 1時間近くあるので、並んで「特製SL内房100周年記念弁当」を買いました。 やっぱりSLでは駅弁が付き物です。 隣ではSLグッズの売店も長蛇の列でした。



聖火が駅構内に貼ってあるSLポスターが気に入ったようで、喜んでいました。



千葉みなと駅では、とにかく一目SLを見ようとする人でいっぱい。 SLに近づけません。



千葉みなと駅は12時57分発。 えきちょう犬が見送ってくれました。



早速、特製SL駅弁をいただきます。 C61-20の掛紙ですが、中身は普通の幕の内弁当。 今まで各地のSLでSL駅弁を買っていますが、大体SLや地元の幸にちなんだ駅弁が多いのだが、普通のお弁当でちょっと残念・・・。



13時46分に姉ヶ崎駅に到着。 ここで、1時間以上の停車。 もちろんホームは人であふれていますが、千葉みなと駅ほどではなく、SLとパチリ。 本当は妻と3人で撮りたかったのですが、人が多すぎて無理でした。 1時間も時間があるので、スタンプラリーなどのイベントが目白押しです。 



旧型客車の1両目は荷物車。 これもレトロです。



最後尾の客車は7両目のスハフ32。 駅帽をかぶって車掌さんとパチリ。



ホームでは、車掌さんが「せいかちゃん」と書いてくれた車掌カードをくれました。



昭和13年製造の旧型客車スハフ32 2357で記念撮影。



とにかく、いろいろなボードの前でシャッターを押してくれます。



駅帽も何度もかぶりました。



石炭の配布もありました。



姉ヶ崎駅構内では、SLの焼印を押した「SLどら焼き」の販売がありました。また、「石炭おかき」なども販売されていたようですが、こちらは完売になってしまいました。



15時5分に姉ヶ崎駅を出発。 SLどら焼きをいただきました。



また、車内販売のミニヘッドマークが気に入ったようでしたが、予算オーバーのため、写真のみ。



15時32分に終点の木更津駅に戻ってきました。 反対のホームからパチリ。 C-62は車輪が大きいです。



1歳10ヶ月聖火にとって6度目のSL乗車です。 次はどこのSLに乗れるかな?

6月に被災地の岩手県釜石でのSL運行が決まったようなので、切符が買えたら乗りたいです。


今まで、SLばんえつ物語号や秩父鉄道など東日本のSLはほぼ乗りました。 ブログを書くようになってからは、「SLさくらんぼ号(左沢線)」・「999号(大井川鉄道)」・「SLホエール号(石巻線)」・「SL収穫祭号(上越線)」・「SL初詣号(山口線)」に乗り、 聖火が生まれてからは「SLみなかみ号(上越線)」・「ホテルSL号」・「SL復興もおか号(真岡鉄道)」・「SL函館大沼号(函館本線)「DL・SL宮城石巻復興号」に乗りました。



SLブログ http://blog.uchino-atsushi.com/?search=%A1%DA%A3%D3%A3%CC%A1%A1%BE%F8%B5%A4%B5%A1%B4%D8%BC%D6%A1%DB


【SL 蒸気機関車】

| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 23:59 | - | プロフィール |

 旧型客車!
   
201202121154000.jpg

旧型客車スハフ32!


【SL 蒸気機関車】

| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 15:03 | - | プロフィール |

 SL記念駅弁!
   
201202121351001.jpg

SL特製駅弁!

掛け紙がSL・C61-20


【SL 蒸気機関車】

| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 14:00 | - | プロフィール |

 いよいよSL!
   
201202121746000.jpg

千葉みなと駅から折り返し。

ここからはSL!

人がいっぱいでうまく写真が撮れません。


【SL 蒸気機関車】
| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 12:50 | - | プロフィール |

 姉ケ崎駅到着!
   
201202121323000.jpg

各駅で様々なイベントが開催されました。


【SL 蒸気機関車】
| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 11:43 | - | プロフィール |

 SL内房線100周年号
   
201202120955002.jpg

SL内房線100周年号を乗りに木更津へやってきました。 SLが千葉を走るのは3年ぶりで、前回は切符が取れなかったけれど、今回は発売日の1月12日に頑張ってゲットしました。 今回も発売後1秒もしない内に売り切れたプラチナ切符です。 昨年復活した「C61型20号機」は初めて乗ります。
 
まずは、DL号で出発進行!


【SL 蒸気機関車】

| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 10:40 | - | プロフィール |

 「DLSL宮城石巻復興号」に乗車してきました!
   

昨日のブログの続きです。

日曜日の11月13日に「DLSL宮城復興号」に乗車してきました。 SL復興号は「復興SLもおか号」に続いての乗車です。

横浜を深夜零時に出発し、早朝に被災地の大川小学校に寄り、石巻駅までやってきました。

「DLSL宮城復興号」の切符は、仙台から石巻の下りのみの片道しか買えなかったので、車を石巻に一旦停めて、始発駅の仙台へ高速バスで移動。 (石巻に戻ってきたらすぐに車で移動する為)

通常ならば、石巻駅から仙石線で仙台駅まで電車で移動できるのだが、海岸線を運行していたJR仙石線は津波で流され、現在は部分運休中です。電車ですと東北本線の小牛田駅経由となり時間がかかるため、8時30分石巻駅発仙台駅行きの高速バスで移動することにしました。



ミヤコーバスは渋滞も無く三陸道・仙台東部道路を走行し、約1時間ほどで仙台駅に到着しました。 



「DLSL宮城石巻号」の出発時刻は10時31分なのでまだ1時間は時間があるので、SL車内で食べる地元の笹かまぼこを買ったり、朝ごはんと駅弁を買う時間もたっぷりあります。



仙台駅コンコース内にはブロックで作られた東北新幹線「E5」があり乗車できました。 ちなみに、娘・聖火は7月の防災林植樹で被災地に行った際に、初めて新幹線に乗りました。



朝ごはんを食べようとお店をぶらりとしていたら、駅そば店の「えごまたまご・かけごはん」の看板が目に入りました。えごまたまごかけごはんとは、地元のひとめぼれの新米に、えごまたまごを2個かけて、エゴマ醤油でをたらしていただくごはんとのこと。 食べたことが無いので、朝ごはんに決定。



初めて食べる「えごまたまごとエゴマ醤油」は、ボリュームたっぷりで、甘めでおいしかったです。 
手前は私の芋煮うどん。 みんなで分けて食べました。 朝から東北の味を堪能しました。



仙台駅6番ホームに「DL宮城石巻復興号」が入線。 DLとはディーゼル機関車のことです。
昔のレトロ客車3両を牽引していきます。 
仙台から途中の小牛田までの東北本線区間では、DLのディーゼル機関車。
小牛田から石巻までの石巻線区間は、SLの蒸気機関車に入れ替わります。 
機関車のみ入れ替わり、客車はそのまま仙台から石巻まで乗り換えはありません。



駅のホームでは駅弁の売り子さんが「べんと〜う」「べんと〜う」と威勢のいい掛け声で駅弁を売っていました。 SLといえば駅弁。140食限定の「DLSL宮城石巻復興号」記念弁当を買い求めました。



10時31分に石巻に向けて出発進行。 たくさんのカメラマンや見送りの方が手を振ってくれました。



最初の停車駅は松島駅。5分間の停車です。 松島では、夏休みにお祭りのボランティアをしました。



松島を出発すると、車内では車掌さんから記念乗車証の配布がありました。



また車内のワゴン販売では、記念グッズのプレート販売もありました。



鹿島台駅では普通列車や貨物列車の通過待ち。19分の停車時間だったので、のんびり写真撮影。

DLのディーゼル機関車は次の小牛田駅までなので、DLと写真を撮れるのも最後となります。



11時40分に小牛田駅に到着。ここでDLディーゼル機関車からSL蒸気機関車への切り替え作業。

この作業を見るためにホームはごった返し。 聖火を肩車をして作業を見守りました。



SL宮城石巻号が客車に連結されました。 C11-325は2年前のSLホエール号と同じSLです。

ここから終点の石巻駅までは非電化区間。 架線が無いため、SLには絶好のロケーションです。



早速、記念にパチリ! たくさんの乗客の皆さんが写真を撮っているので、一瞬しかSLの前にいられませんでした。



ホームでは、切り替え作業停車の20分の間に地元の素朴なお団子など、車内でも食べられるような和菓子などが販売されていました。 甘いものが好きな妻が手作りだんごを買っていました。



先頭のSLは写真を撮影する皆さんでごった返していますが、最後尾は誰もいません。



小牛田駅を12時ちょうどに出発。 ホームでは地元の太鼓が見送りしてくれました。



さすがSLは、沿線でたくさんの地元の皆さんが手を振ってくれて、カメラマンもすごかったです。



SL最初の停車駅の涌谷駅では、一日駅長さんがお出迎え。 石炭をいただきました。



お昼もすぎ、お楽しみの特製SL駅弁をいただきます。 中央のご飯の部分には、SL形の海苔。ライトは大根。プレートはかまぼこから作られていました。 お魚や煮つけなど東北の味が満載でした。



SL車内では、たくさんのプレゼントが配られました。 小牛田機関区からは乗車記念カード・涌谷町の純金お茶・石巻のいしぴょんの金太郎飴・しおり・折り紙・お祭り金券などいただきました。



さらに、地元ゆかりの支倉常長や石ノ森萬画館のキャラクターが車内でPRをされていました。



終点の石巻駅が近づくと震災の姿が見え始めました。 写真はガレキの山。



また、沿線の仮設住宅の皆さんも手を振ってくれました。



12時58分定刻に終点の石巻駅に到着。 たくさんの市民の方々が手を振って出迎えてくれました。

SLはすぐに客車と切り離され、整備へ。 せっかく石巻駅で家族3人でSLの写真を撮りたかったのですが撮れませんでした。 残念・・・。



石巻市のヒーロー「シージェッター海斗」もお出迎え。 津波に襲われた石巻駅でしたが、海斗が守ってくれたようです。



石巻市のゆるキャラ「いしぴょん」。 娘・聖火は怖がっていました・・・かわいいのに・・・。



ホームではSL車内でPRしていた石ノ森萬画館のサイボーグ009の皆さんが、津波被害に遭った「石ノ森萬画館」の来年予定の復活オープンをアピールしていました。 支倉常長もいっしょにPR。



ホームでは2年前に訪れた時にも写した仮面ライターが津波に負けずに石巻駅を守っていました。



石巻駅周辺は石ノ森章太郎さんのキャラクターでいっぱい。



石巻駅前では「石巻観光再会まつり」がSL運行に併せて開催されていました。



ここでもミニSLが運行されていました。 聖火が乗りたがり妻と乗車。 ミニSLは松田町以来です。



聖火は本物のSLの時と同じように、一生懸命に手を振っていました。



もう一度乗りたいとの聖火のリクエストで、二度目は私と乗りました。



SL車内で配られた金券を使い、B級グルメで人気上昇中の地元の石巻焼きそばをいただきました。

茶色い麺が特徴で、とても美味しかったです。



SL乗車後に世界遺産に登録されたばかりの平泉に寄って帰る予定でしたが、お祭りで時間を費やしてしまい、平泉に行く時間がなくなってしまったので、帰路の途中にある松島に寄ることにしました。

なぜなら、夏休みに被災地の気仙沼大島にフェリーで渡った際に、聖火がカモメにえさをあげるのが楽しかったようで、遊覧船に乗ってもう一度体験させたかったからです。

ちなみに、気仙沼大島の翌日に松島で「お祭りのボランティア」を広場で行いました。



遊覧船は「第三 仁王丸」。 大きな船で午後3時の出航でしたが、たくさんのお客さんで満員でした。



SLでは全然おねんねしなかった聖火でしたが、ここにきて出航直前からおねんねしてしまいました。



結局、船の運航中は眠り続けて、私がカモメにえさをあげました。



船を下船すると起きだした聖火。 萩の月のお店で「ずんだシェイク」を飲んで目を覚ましました。


日帰りでしたが、大川小学校で手を合わせることもでき、聖火の大好きなSLにも乗れて充実の一日でした。


年内は被災地や東北に来れないと思いますが、また地元の横浜市都筑区で復興支援活動を続け、東日本大震災の1年後の2012年3月11日頃にはボランティアで再訪したいと考えてます。


被災地ブログ http://blog.uchino-atsushi.com/?cid=54894

SLブログ http://blog.uchino-atsushi.com/?search=%A1%DA%A3%D3%A3%CC%A1%A1%BE%F8%B5%A4%B5%A1%B4%D8%BC%D6%A1%DB



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | 被災地・復興 ボランティア | 23:59 | - | プロフィール |

 松田山ハーブガーデンの「お山のポッポ鉄道のSL」!
   



本来なら、赤ちゃん「成長の森・見学会」に参加するため、昨日に新松田に来ることになっていて、そのついでに新松田の酒蔵「松美酉」に商品を取りに行く予定でしたが、見学会が中止となってしまったため、本日新松田の蔵元までやってきました。

蔵元には5月に法人会の皆さんと蔵元見学して以来です。

お酒を受け取り、松田山でハーブフェスティバルが開催中なので、ハーブを見て、お山のホッポSLを乗車しにハーブガーデンへ向かいました。



秋の松田山ハーブフェスティバルではハーブの「セージ」と「コスモス」が見ごろです。

松田山には、娘・聖火が生まれるちょうど1ヵ月前の昨年のひなまつりに訪れた以来です。



午後12時過ぎに松田山ハーブガーデンに到着。 うす曇の天気でしたが、時折富士山もチラチラ見えました。 また、海の方角を見ると相模湾の向こうにうっすらと伊豆大島も望めました。



まず、ハーブガーデンへ。 斜面にハーブの「セージ」が咲き乱れています。



娘・聖火は紫色のセージの香りも楽しんでいました。



聖火はセージがお気に入りになり、はしゃいでいました。



ガーデン内にはコスモスも咲いていました。



ハーブガーデンでは、来週大野山で開催されるチェーンソーアートの告知イベントが行われており、チェーンソーで鳥を彫っていました。 完成した作品を見た聖火は、怖がって大泣きに・・・。



今回のお楽しみの「お山のポッポ鉄道」に乗車します。 もちろんSLです。



このお山のポッポ鉄道のSLは、石炭で走っており、本当の蒸気機関車です。 聖火と妻は後方に乗っています。



みかん狩り農園の前を通過。 みかん農園から子供たちが見に出てきました。



ゆっくり走行しているSLに乗車している聖火をパチリ!



紅葉にはまだ早い松田山を、煙をもくもく吐き出しながら走行!



約20分の乗車時間で戻ってきました。 ちなみに、SLは転車台で方向転換。 



お山のポッホ鉄道はSLのほかにロマンスカーも走っています。 聖火はロマンスカーが通過するまで手を振り続けていました。



みかん狩り農園へ。 ぜひ、みかん狩りをしていきたかったのですが、聖火はまだみかんはあまり食べないので、もう少し大きくなったらみかん狩りに来ることにしました。



陽が傾いてきたので、下山することに。 夕方に東京六本木に行く予定があるのだが、まだちょっと時間があるので、、成長の森があるやどりき水源林まで、ミニドライブ。



松田山から20分くらいで、「成長の森」のあるやどりき水源林へ到着。

今年度の成長の森が、ゲートから近ければ歩こうと思いましたが、ちょっぴり時間がかかるとの事。



入り口まで案内してもらいましたが、東京の六本木に行く時間が迫ってきているのと、熊も出没するそうなので、今回はあきらめました。

来年の春には、成長の森へのガイドツアーが開催されるそうなので、その時もう一度来ようと思っています。 

ちなみに聖火が右手を上げているのは、最近のお気に入りの「ゴリラ・都筑まもる君ポーズ」です。



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 23:59 | - | プロフィール |

 SL復興号 「DL・SL 宮城・石巻復興号」の切符をゲット!
   


東日本大震災の復興に向けた「SL復興号」が、11月12日(土)と13日(日)に運行されます。
http://www.jr-sendai.com/doc/20110928b.pdf

「煙の乗り鉄」の私としては、、初日の11月12日(土)に乗車したいのだが、土曜日は仕事で休めないので、お店の定休日である11月13日の日曜日の指定席券を購入するため、1ヵ月前の指定席券販売日の今日の朝10時に、みどりの窓口へ買いに行って来ました。

このようなSLの特別列車の指定席券は、発売当日の朝10時00分00秒01の瞬時に売切れてしまうプラチナチケットです。 今回も1秒もしないうちに売り切れた模様です。

また、今回のSLは「震災復興号」で話題にもなっており、、SL−C11に牽引されるのが旧式の客車で3両編成しかなく、しかもびゅうプラザで販売予定のSLに乗車できる旅行ツアーも予定されているため、一般販売は本当に少ない座席数です。

8月にも「SL重連運転」の切符を買いに行った時も、みどりの窓口の担当者さんが時計を見ながら10:00:00に発券ボタンを押しましたが、全国で押しているため、0.1秒もしないで完売で、もちろん買えませんでした。

このように、何度もSL特別列車の切符を買いに行き、切符が買えたのは、5回に1回くらいです。

で、今回は見事に「仙台⇒石巻」の切符を買うことができました! もちろん往復の切符を申し込みましたが、往路を発券中に、復路の「石巻⇒仙台」は完売になってしまい購入はできませんでした。

しかし、今回は石巻駅で下車し、牡鹿半島方面へ津波被害の状況を見てきたいと思っているので、片道だけでOKなのです。

また、小牛田⇒石巻間のSL乗車は、2年前に乗車した「SLホエール号」以来です。 当時は石巻線の終着駅である女川駅まで運行されましたが、現在、石巻〜女川駅間は津波被害で甚大な被害があり、運行再開の見通しは立っておりません。 



娘・聖火も今まで、生まれる前のお腹の中で、「SLさくらんぼ号(左沢線)」・「999号(大井川鉄道)」・「SLホエール号(石巻線)」・「SL収穫祭号(上越線)」・「SL初詣号(山口線)」に揺られ、生まれてからは、「SLみなかみ号(上越線)」・「ホテルSL号」・「SL復興もおか号(真岡鉄道)」・「SL函館大沼号(函館本線)」と乗車しました。 ちなみに「SL津軽路号」は発熱で乗れませんでした。

聖火は8月に津波被害で押し倒されたSLを見ていて悲しい顔をしていたので、復興のSLは楽しみにしているようです。



ちなみに指定席券は大人一人510円ですが、オークションでは既に高値で出品されています。
このオークションのおかげで、SL特別列車などの切符が取れなくなっているのが現状です。
もちろんウチの家族はオークションに売らず、SL復興号を楽しんできます。

東日本大震災後に4度ほど被災地「女川町復興市ボランティア」「東松島ボランティア」「防災林植林ボランティア」「松島お祭りボランティア」に行ってきましたが、SL復興号で5度目の被災地入りとなります。 今回はボランティアではないのですが、被災地に行くだけでも復興支援です。 

被災地で作ってくれる「SL特製駅弁」が、今から楽しみです!



 【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | 被災地・復興 ボランティア | 23:59 | - | プロフィール |

 小田原おでん祭りと小田原城遊園地!
   


 (上のチラシをクリックすると大きなチラシが見れます。)

昨日の日曜日、第1回横浜フォレスト・トレイルラン出場後、前夜から妻の実家の辻堂にお泊りしていた娘・聖火と妻と合流し、小田原城址公園で開催されていた「小田原おでん祭り」に行ってきました。



会場に着いたのが午後2時30分になってしまったので、楽しみにしていた東北復興おでんの「塩竈おでん」と「いわきおでん」は売り切れていました。



たくさんのおでんテントが並ぶ中、まずは地元の「小田原おでん」のブースへ。 

今回もパチリパチリと聖火と一緒におでんを撮影したのですが、人が多く、来場者の一般の人の顔がしっかり写ってしまった写真ばかりで、残念ながらブログには使えませんでした。

小田原おでんブースは13種類の中から好きなおでん種を5品を選んで500円。 売り切れもありましたが、なるべく小田原でしか食べられない種をチョイス。 小田原スジ・鶏揚げつくね・いわし団子・えび天・たこ天を選びました。 小田原おでんは曽我の梅園の梅から作った「梅みそ」をつけて食べるのが特徴です。



次に北海道から出店の「小樽おでん」。 北海道らしく大きなじゃがいもがまるまる一個。 つぶ貝や白いこんにゃく・つみれなどが甘めの生姜味噌にぴったり合う味噌おでんです。



四国の讃岐おでんも買ってテーブルに並べていただきました。 写真の聖火が食べているのが「讃岐おでん」で、讃岐独自の平天と讃岐うどんが一緒になった白味噌仕立てです。 写真を撮る前に讃岐うどんを食べてしまいました。 写真左の真ん中が「小田原おでん」で、手前が「小樽おでん」です。

他に、静岡おでん・長崎おでん・韓国おでんや小田原のかまぼこ屋さんがおでんブースを出店していました。 今回は、3店のおでんを楽しみましたが、全部で25ブースもの地元のお店が出店されていたので、来年は、午前中に訪れて、日本各地や地元の味を楽しみたいと思います。




おでんを食べてお腹がいっぱいになったので、小田原城址公園を散策。 天守閣に行く手前に「子供遊園地」の看板を発見。 そこには娘・聖火が大好きな汽車(SL)が走っていました。



早速、乗り物券80円を買って、乗車口へ。 連休中なので、多くのファミリーが並んでいました。

聖火の乗車の順番になり、妻と一緒にSLへ。 園内を2周します。 終始手を振っていました。



汽車の隣には、昔懐かしいコーヒーカップ。 こちらも乗りもの券80円。 まだ聖火は自分ではくるくる回せず乗っているだけでしたが、カップは回るので、ちょっぴり目がまわっていたようです。



最後に、お金を入れたら左右に動く車にチャレンジ。 今どき1回30円です。 聖火はとても気に入ったらしく、この後に消防車に乗り換えて遊んでいました。

小田原城遊園地はのりもの代が安く、昭和の香りがする遊園地でした。 また来たいです。



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 19:42 | - | プロフィール |

 2011年 夏休み 4日目 気仙沼市街⇒南三陸町!
   

8月12日より15日まで夏休み! 青函トンネル海底駅を見学し、北海道でSL函館大沼号に乗り、東北では気仙沼大島に上陸し、東日本大震災後4度目となるボランティア活動もしてきました。


現地よりケータイでブログアップしましたが、デジカメでも撮った分をアップします。


ケータイ 1日目 (青森・竜飛海底駅・函館)
 http://blog.uchino-atsushi.com/?day=20110812

ケータイ 2日目 (SL函館大沼号・盛岡)
 http://blog.uchino-atsushi.com/?day=20110813

ケータイ 3日目 (浄土ヶ浜・被災地・気仙沼大島)
 http://blog.uchino-atsushi.com/?day=20110814

ケータイ 4日目 (気仙沼大島・海の盆ボランティア)
 http://blog.uchino-atsushi.com/?day=20110815


気仙沼市街

気仙沼大島からのカーフェリーが到着した気仙沼市街は、まだまだ復興には程遠い状態でした。

気仙沼港には、巨大なクレーン船が停泊しておりました。 このクレーン船で、気仙沼大島に津波で陸に打ち上げられてしまった二隻の船を海に戻すそうです。

気仙沼市街

道路が大型船でふさがれていました。 自動車と大きさを比較してもらうと分かりますが、かなり大きい船です。 

気仙沼市街

海より300メートルほど陸に打ち上げられています。

気仙沼市街

長野県警のパトカーとすれ違いました。 5月に被災地入りした時は自衛隊の車輌でいっぱいでしたが、現在は自衛隊も撤退し、代わりに各県警のパトカーが目に付きました。

気仙沼市街

大型船の脇の民家。 1階部分が潰れ、車のタイヤが見え、電柱も倒れていました。

気仙沼市街

反対側には、ガソリンスタンド。 市街地は高潮の影響で水浸し。

気仙沼市街

大型トラックもペシャンコ。

気仙沼市街

家が何件も横転していました。

気仙沼市街

かまぼこやさんの工場。 ガレ場と化しています。

気仙沼市街

湾岸部の工場地帯は、ほぼ壊滅。

気仙沼市街

震災後5ヶ月が過ぎましたが、全く手の付けようが無い状態です。

気仙沼市街

車輌も片付けが間に合わない状態です。



港に近いが、悪臭やハエなどは感じませんでした。



とにかく、車と船がゴロゴロ・・・



高潮の影響で、市内の道は通行が制限されています。 昨日の夕方は、町に水があふれ、迂回しなくては通行できませんでした。



果たして、気仙沼市街地はいつになったらガレキ撤去が始まるだろうか・・・



被災した自宅や車を見ると、持ち主さんの気持ちが思いやられます。



これから秋刀魚のシーズンです。 ぜひ早く船を海に戻して漁を再開してもらいたいです。



気仙沼市街地から南三陸町方面へ南下。 左手には気仙沼大島の最高峰「亀山」がそびえています。 亀山から見た、すべてが流された町の風景が、現実に目の前に広がっています。



JR気仙沼線の橋脚には、津波で流された民家が引っかかっていました。 JR気仙沼線は現在運休中。 運行再開には、かなりの年月がかかりそうです。



国道45号線・南三陸町歌津付近。 国道の高架橋が流されていました。 現在は生活道路が迂回路になっています。



田束山では、「全世界のみなさんありがとう!」と大きいメッセージが掲げられていました。



田束山付近は、かなりの高台でも船が打ち上げられていました。



JR気仙沼線は、各所で橋脚が崩落。  これだけ分断されると、もっと高台に新しい線路を引かないと
同じ悲劇が繰りかえされるだろう。         



南三陸町の消防団の消防車。 第一線で活動する消防団は、被災地で多く団員が犠牲になってしまいました。



国道45号の上を走っているJR気仙沼線の線路に津波でコンテナが流されていました。 この地点は
海岸線から1キロ近く内陸地点で、しかもそれなりの高台で、さらに国道をまたぐJRの線路まで津波が押し寄せたことがビックリ。 いったい海抜何メートルの津波が襲来したのか? 想像を超えます。



南三陸町に到着。 すべてが流され、街が壊滅していました。 信じられない光景です。



わずかに残る廃墟には「よみがえれ故郷」「がんばれ」の想いが書いてありました。



被災したガソリンスタンドは頑張って営業されていました。 屋根も事務所も流されていました。



ガソリンスタンドの向かいは被災した志津川病院。



志津川病院は移転して再開されたようです。 まだまだ、1階部分はガレキが残っていました。



給油中にガソリンスタンド裏のガレキの山をふと見ると、黒い物体が目に入ってきました。 SLです。



まさに一昨日に北海道で「SL函館大沼号」に乗車してきたばかりなので、唖然です・・・。



SL蒸気機関車は、C58−16です。 娘・聖火も呆然と眺めていました。



津波被害の象徴として保存してもらいたいです。



SLは、いまやガレキの山となった「松原公園」に展示保存されていたものです。


南三陸町から時間があれば、5月にも訪れた石巻市の大川小学校に寄ってお盆の供養をしたかったですが、「松島・海の盆」のボランティア時間が迫っているので断念し、海辺を離れ、三陸道で一路松島へ向かいます。 ボランティア模様は明日のブログに書きます。


デジカメ 1日目 青森⇒竜飛海底駅⇒函館!
 http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1152765

デジカメ 2日目 SL函館大沼号⇒盛岡!
 http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1152766

デジカメ 3日目 浄土ヶ浜⇒気仙沼大島!
 http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1152767

デジカメ 4日目 気仙沼大島!
 http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1152768

デジカメ 4日目 気仙沼市街⇒南三陸町!
 http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1152769

デジカメ 4日目 松島・海の盆 ボランティア!
 http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1152770




【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | 被災地・復興 ボランティア | 23:59 | - | プロフィール |

 2011年 夏休み 2日目 SL函館大沼号⇒盛岡!
   

8月12日より15日まで夏休み! 青函トンネル海底駅を見学し、北海道でSL函館大沼号に乗り、東北では気仙沼大島に上陸し、東日本大震災後4度目となるボランティア活動もしてきました。


現地よりケータイでブログアップしましたが、デジカメでも撮った分をアップします。


ケータイ 1日目 (青森・竜飛海底駅・函館)
 http://blog.uchino-atsushi.com/?day=20110812

ケータイ 2日目 (SL函館大沼号・盛岡)
 http://blog.uchino-atsushi.com/?day=20110813

ケータイ 3日目 (浄土ヶ浜・被災地・気仙沼大島)
 http://blog.uchino-atsushi.com/?day=20110814

ケータイ 4日目 (気仙沼大島・海の盆ボランティア)
 http://blog.uchino-atsushi.com/?day=20110815


2011 夏休み

2日目は、「函館朝市」からスタート! 

2011 夏休み

ほっけ・鮭のお店。 なんといっても海産物が多い!

2011 夏休み

北海道の毛ガニ! 水槽の中にも毛ガニがいっぱい。

2011 夏休み

夕張メロンの試食。 甘くて美味しかった。 予算オーバーのため、買えず。

2011 夏休み

大好きな「たいやき屋さん」を発見。 注文後に焼いてくれるので、待っている間に娘・聖火は目の前のキッズスペースで、「あさいっちゃん号」に夢中。

2011 夏休み

約8分待ってじっくり焼いたアツアツの「たいやき」の完成。 60年間焼き続けているおばちゃんのたいやきは、ちょっと細身で、あんこはいっぱいです。 

2011 夏休み

食堂街の「いくら亭」さんで朝ごはん。

2011 夏休み

私は、函館塩ラーメンとミニいくら丼のセット。 塩ラーメンといくらがベストマッチング! うま〜!

2011 夏休み

妻は、娘・聖火が食べられるように北海道ほっけ定食。 肉厚で美味でした。

2011 夏休み

函館朝市で北海道の味覚を堪能したところで、SL函館大沼号に乗車すべく函館駅へ。

娘・聖火にとってSL・蒸気機関車は、去年の夏の「SLみなかみ号」と「ホテルSL号」、今年5月の「復興SLもおか号」に続いて、4度目の乗車。

2011 夏休み

SL函館大沼号は今年で10周年なので、特別のヘッドマークが付いていました。

8時54分定刻どおり、汽笛を鳴らし出発!

2011 夏休み

早速、車内を探検。 まず、乗車日の日付が入った車内の記念撮影スポットで、車掌さんの帽子をかぶりパチリ。

2011 夏休み

レトロな暖急車で娘・聖火は、雄大な北海道の景色をずっと見ていました。

2011 夏休み

連結部より手を伸ばしてパチリ。 塗装の剥げ具合がレトロ。

2011 夏休み

北海道の客車なので、どの車両にもストーブが設置されていました。 冬ならスルメを焼きたい。

2011 夏休み

カフェカーの売店で、SLストラップをお土産に購入。

2011 夏休み

貴婦人の格好をした案内スタッフさんと乗車記念ボードで記念撮影。

2011 夏休み

乗車記念ボードはこんな感じです。

2011 夏休み

車内に設置されている記念スタンプをポン。

2011 夏休み

車内見物も終わり、駅弁タイム。 SL函館大沼号10周年記念駅弁「えんむすび」。 懐かしい茶瓶付き。

2011 夏休み

駅弁は、9つに分かれておかずが入っていました。 いくらごはん・ほたて・わかさぎ・たらこごはん・
煮魚・いちごなど盛りだくさん。まず聖火はいちごをパクリ。茶瓶のお茶を飲みながらいただきました。

2011 夏休み

大沼公園駅では、名物「沼の家・大沼だんご」の販売。 オススメのゴマとしょうゆの2色セットを買いました。 大沼だんごは一口サイズで、娘・聖火も食べやすかったようで食べまくっていました。

2011 夏休み

10時46分に終点の森駅に到着。 整備のため、引込み線に移動したSLの前でパチリ。

2011 夏休み

森駅駅舎。 SL函館大沼号の大きい看板がお出迎え。

2011 夏休み

ホームでは、森駅名物の「いかめし」の販売。 SL函館大沼号のヘッドマークシールが付いた特製の「いかめし」。

2011 夏休み

駅弁「いかめし」は、30年前に青春18きっぷで北海道一周旅行をした際にも、買い求めました。

ちなみに、今日も青春18きっぷで乗車しています。

娘・聖火は「いかめし」を食べたがっていましたが、お腹もいっぱいなので、帰りの車内で食べます。

2011 夏休み

森駅は海沿いの駅です。 昆布も打ちあがっている内浦湾で水遊び。 後方は駒ヶ岳。

2011 夏休み

12時40分に函館行きの帰りのSLの出発。 森駅には転車台が無いため、帰りは逆向きでの走行となります。

2011 夏休み

帰りのSLで北海道の「ニセコウォーター」と「うらら茶」を飲みながら「いかめし」をペロリ。

2011 夏休み

車掌さんから「記念乗車証明書」の配布。 

その後、クイズ大会やチビッコ車掌さんなどのイベントで車内は盛り上がりました。

2011 夏休み

流山温泉駅には、東北新幹線仕様の新幹線0系が保存されていました。 今や懐かしい。

2011 夏休み

車内販売のお姉さんから「駒ケ岳プリン」をお買い上げ。 駒ケ岳を見ながらいただく「駒ケ岳プリン」は最高に美味しかったです。

2011 夏休み

またまた北海道限定のジョージア・サントス缶。 北海道産の原料を使っているジョージアです。



14時47分に函館に到着。 楽しかったSLの旅も終わり。

これから、江差線と津軽海峡線を乗り継いで青森に戻ります。 15時01分函館発木古内行きの鈍行列車・江差線。 



娘・聖火はSLでお疲れでぐっすり。



木古内駅からは津軽海峡線。津軽海峡線は普通列車が運行されていないので、青春18きっぷでも
特急の自由席に乗れます。 

木古内駅では北海道新幹線の駅の工事中。 北海道新幹線は2015年開通予定です。

2011 夏休み

相変わらず、娘・聖火はぐっすり。 目覚めたときのおやつは木古内銘菓「おっぱい饅頭」。

2011 夏休み

昨日に下車した「竜飛海底駅」を通過。 乗車している特急スーパー白鳥40号は「竜飛海底駅」には止まりません。 「竜飛海底駅」に止まる列車は、竜飛海底駅見学コース設定列車のみ。

北海道新幹線が開業したら、海底駅も見学できなくなるのだろうか?



青森駅到着。 上野駅行きの寝台特急「あけぼの」が入線していました。

日本各地で寝台車が廃止される中、「あけぼの」にはずっと現役で頑張ってもらいたいです。

2011 夏休み

車で今夜の宿泊地の盛岡へ向かう。 

途中の秋田県・花輪パーキングエリアで妻が「若がえりまんじゆう」を買っていました。 

2011 夏休み

20時30分に盛岡に到着。 今夜は「スーパーホテル盛岡」に宿泊。

到着後すぐに、冷麺を食べに街へ。 冷麺の有名店「ぴょんぴょん舎」さんへ。 私は、温面を注文。

2011 夏休み

妻はもちろん「冷面」。 娘・聖火はお子様クッパを注文。 盛岡の味を堪能しました。


今日は、函館朝市のいくら食堂で塩ラーメンといくら丼・ほっけ定食・たいやき・SL函館大沼号特製駅弁・大沼だんご・いかめし・駒ケ岳プリン・おっぱい饅頭・若返りまんじゅう・温麺・冷麺といっぱい
食べた一日でした。 ごちそうさまでした。


デジカメ 1日目 青森⇒竜飛海底駅⇒函館!
 http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1152765


デジカメ 2日目 SL函館大沼号⇒盛岡!
 http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1152766


デジカメ 3日目 浄土ヶ浜⇒気仙沼大島!
 http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1152767


デジカメ 4日目 気仙沼大島!
 http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1152768


デジカメ 4日目 気仙沼市街⇒南三陸町!
 http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1152769


デジカメ 4日目 松島・海の盆 ボランティア!
 http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1152770




【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 23:12 | - | プロフィール |

 SLが流されていました。
   
201108151320002.jpg

南三陸町でSLが流されていました。

おととい、北海道でSL函館大沼号に乗車してきたばかりなので唖然!


当日の模様は http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1152769 のページへ



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | 被災地・復興 ボランティア | 13:08 | - | プロフィール |

 駒ヶ岳プリン!
   
201108131347001.jpg

SL車内販売のお姉さんから「駒ヶ岳プリン」を購入!

濃厚な味で美味しかったです!



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 15:33 | - | プロフィール |

 いかめし駅弁!
   
201108131243000.jpg

娘・聖火も「いかめし」をパクパク!



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 15:23 | - | プロフィール |

 帰りのSL!
   
201108131428000.jpg

帰りの函館行きのSLは、逆向き走行!



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 14:37 | - | プロフィール |

 終点の森駅到着!
   
201108131226000.jpg

いかめしで有名な森駅!



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 14:15 | - | プロフィール |

 大沼だんご!
   
201108131022000.jpg

途中の大沼駅で大沼だんごの販売!

SL限定発売の「胡麻」「醤油」だんご!



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 13:38 | - | プロフィール |

 SL特製駅弁!
   
201108131024001.jpg

SL函館大沼号・運行10周年記念駅弁!



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 13:35 | - | プロフィール |

 SL函館大沼号!
   
201108131012001.jpg

SL函館大沼号出発!



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 13:24 | - | プロフィール |

 乗車できなかったSL津軽路号!
   

SL津軽路号

本日、東北青森県の弘前駅から青森駅間往復で今週末に運行される「SL津軽路号」の特別試乗会が行われました。

昨日のブログに書いたように、SL試乗会の乗車券が当選したので、家族で行く予定でしたが、娘が熱を出してしまい、残念ながら直前で断念しました。

この試乗会は報道によると、当選確率8・6倍の狭き門だったそうです。
 
以下青森の新聞より

青森デスティネーションキャンペーン(DC)のイベントとして、JR奥羽線弘前―青森間で運行される「SL津軽路号」の特別試乗会の当選者が26日までに決まった。募集定員400人に対し、県内外から3455人の応募があり、8・6倍の競争倍率となった。特別試乗会は6月9日に行われる。
JR東日本は、東北新幹線全線開通に合わせたキャンペーンで11、12日、蒸気機関車「D51」を青森県の奥羽線・弘前―青森駅間で運行する。

また、別の新聞には、試乗会の報道がありました。 

9日は特別試乗会があり、「デゴイチ」が汽笛を田園地帯に響かせた。正式運行の2日間の切符は約2000人の定員分が、発売後1分以内に売り切れた。そこで試乗会を実施、8・6倍の抽選をくぐり抜けた家族連れらがD51の先導する「SL津軽路号」に乗車した。


娘・聖火は、昨日は熱がありましたが、今日は熱もだいぶ下がり、元気になりつつあります。

もう一日早く熱が下がってくれれば・・・  

SL津軽路号に乗れなくて残念でした・・・


次のSL乗車は、この夏に運行される重連に乗りに行きます。  重連とは2台のSLが連結されて
運行されるものです。  

来月にも運行されますが、切符が完売しているので、9月の重連のチケットをなんとしても買い求めたいです。



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | 雑記 | 23:59 | - | プロフィール |

 SL津軽路号特別試乗会  しかし行けず・・・!
   
SL

私の好きなSL(蒸気機関車)が、13年ぶりに東北青森で「SL津軽路号」として運行されます。

正式運行は今週末の6月11日・12日の二日間のみ走り、D−51デコイチでの運行です。

私も当初、一ヶ月前の指定席券発売当日に切符を買いに行き、みどりの窓口で午前10時00秒の
発売と同時に発券ボタンを押してもらいましたが、瞬時に完売してしまい買うことができずにあきらめましたが、「SL津軽路号」特別試乗会にハガキを送り、見事当選しました。

とても貴重な体験なので、仕事をやりくりし、家族3人で行くことにして夜行バスも予約しました。

本来なら、東京駅を23時30分発弘前行きの夜行バスに乗っている時間でしたが、娘・聖火が二日前から生まれて初めて熱を出してしまい、出発前にも熱が下がらず、残念ながら行くことができませんでした。

夜行バスも直前のキャンセルの為、50%しか戻ってこないとの事でさらに残念です。

それよりも、空席になってしまうSLの4席が非常に申し訳ないです。
全国のSLファンも乗りたかっただろうが、出発直前に断念した為、どうしようもありません。

津軽のデコイチD51に乗りたかったです。

また、帰りは東北新幹線の最新鋭「はやぶさ」に乗る予定でしたので、こちらも乗れずに残念です。


娘・聖火が元気になったら、また夏休みにSLに乗りに行こうと思っています。

ちなみに、昨年の夏休みは「SLみなかみ号」に乗り、先月は「SL復興もおか号」にも乗りました。



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | 雑記 | 23:59 | - | プロフィール |

 復興・運行再開 「SLもおか号」に乗車!
   

復興再開「SLもおか」

3月11日の東日本大震災で多大な被害を被った真岡鉄道ですが、やっとSLの運行が再開されました。 復興に貢献すべく「復興SL・もおか号」に乗車してきました。

今日のSLは「C12 66」。 ヘッドマークには「がんばろう日本!」が装着されていました。

SLは昨年夏の「SLみなかみ号」以来です。

復興再開「SLもおか」

始発駅は茨城県下館駅。 家族連れを中心に満席で、10時37分定刻どおり出発進行! 

また、沿線に避難されている被災者の方々には乗車招待されていました。

とにかく今日は、汽笛をいつも以上に鳴らして大サービス。 復興への期待がうかがえます。

復興再開「SLもおか」

復興SL号なので、特別キャンペーンが目白押し。 まず、栃木県名産の完熟イチゴのプレゼント。

紙コップに3個ほどの大きなイチゴが入っており、甘くて美味しかったです。

復興再開「SLもおか」

続いて、「真岡もめん」のしおりを配ってくれました。 また、真岡鉄道からは乗車記念カードの配布も
ありました。

復興再開「SLもおか」

途中の駅では、「祝SL運行再開」の横断幕が掲げられ、子どもたちが小旗でお迎えしてくれました。

復興再開「SLもおか」

SLの旅といったら、やはり駅弁。 車内ワゴンサービスのおばちゃんから、娘・聖火は「真岡名物野立御膳駅弁」を購入。 中身の写真を撮ろうとしたところ娘がすでにパクパク。
ちなみに中身はこちら  http://www.city.moka.tochigi.jp/mokasl/bentou.php

SL弁当

私はSL写真の掛け紙の「SL幕の内弁当」。 地元の食材満載のボリュームたっぷりな駅弁です。

復興再開「SLもおか」

真岡駅では、太鼓が出迎えてくれました。

復興再開「SLもおか」

真岡駅では、出発進行の合図のセレモニー。 男衆がSLに唄のプレゼント。

当初は真岡駅で下車の予定でしたが、真岡駅でSLの中から見送ってもらおうと、次の駅まで乗車。

復興再開「SLもおか」

ちなみに、SLで終点の茂木まで乗ってしまうと真岡駅で行われている復興イベントが終了してしまうため、次の西田井駅で下車し、普通列車で真岡駅に戻りました。

SLには真岡駅からさらにたくさんの方が乗車し、終着駅に向かって走っていきました。

SLもおか号は、相変わらず黒煙をなびかせていました。

復興再開「SLもおか」

復興イベントが行われている真岡駅に戻ってきました。 真岡駅舎はSLの形をしています。

復興再開「SLもおか」

真岡駅の上りホームでは、「祝SL運行再開!」横断幕の前で、バンドの演奏が行われていました。

復興再開「SLもおか」

復興イベントのひとつJR貨物で活躍した「DE10 1014形」の初披露。 運転席も見学できました。

復興再開「SLもおか」

真岡駅前では、尊徳太鼓の演奏・屋台の運行・お囃子・地元商店街の模擬店・キャラクターとの記念撮影など、さまざまな復興イベントが開催されました。

復興再開「SLもおか」

今日の真岡駅一日駅長はジャンボウサギの太郎くん。 駅帽もかぶっていました。

復興再開「SLもおか」

栃木県警のパトカーや白バイの記念乗車会。 

復興再開「SLもおか」

実際のSLで使われている石炭の詰め放題。

復興再開「SLもおか」

クイズラリーも行われ、10問全問正解で抽選。 シールがもらえました。

復興再開「SLもおか」

顔出しパネルでパチリ。 聖火が手に持っているのがクイズの賞品のシール。

復興再開「SLもおか」

イベントで人気ナンバーワンの「レールスターの乗車会」。 線路巡回用軌道スクーター?です。
エンジンが付いていて、スイスイ走りました。 往復乗って、聖火は大喜びでした。

復興再開「SLもおか」

SLは一日一往復なので、帰りのSLに乗車するため、行きの終着駅で帰りの始発駅となる茂木駅へ
普通列車で向かいました。 帰りのSLに乗るというお子さんが、聖火に本を見せてくれました。

復興再開「SLもおか」

茂木駅へ向かう普通列車はガラガラ。 聖火は、長い座席でハイハイを好きなだけしていました。

復興再開「SLもおか」

茂木駅到着時は雨が降っており、すでに到着している「SLもおか号」の運転席見学がおこなわれていましたが、雨が小雨になったら参加しようとしていたら終わってしまいました。

また、茂木駅前で行われていたミニSLの乗車会も雨のため終了してしまいました。 残念・・・

まだ、SLの出発時刻まで時間があるので、駅前の茂木町のアンテナショップの「まんなカフェ」へ。

復興再開「SLもおか」

まんなカフェでは、本日限定・復興イベントの一環として、飲食の3割分が義援金になるというので
復興に協力するため地元のオススメ品を注文しました。

復興再開「SLもおか」

妻は茂木産のいちごを使った「いちごミルク」。 甘くて美味しかったです。

復興再開「SLもおか」

私は、地元の大兼製麺の焼きそば。 300円の安さでボリュームもありもちもちした太麺でした。
ちょっと濃いまんな風ソースには、地元の「茂木ゆずサイダー」が相性バッチリ。 最高です。 

復興再開「SLもおか」

帰りの「SLもおか号」は14時28分茂木を出発。 15時57分に下館に到着となります。

復興再開「SLもおか」

車掌さんの帽子を聖火にかぶせようとするが、嫌がるので妻がかぶってパチリ。

復興再開「SLもおか」

益子焼きで有名な益子駅では「祝SL運行再開」のボードが掲げられていました。

復興再開「SLもおか」

途中の駅では地元の方が、「がんばろう、日本」のぼりを持ってSLを見送りに来てくれました。

復興再開「SLもおか」

無事に終点「下館駅」に戻ってきました。 

SLもおか号は土日祝日に運行されます。 ぜひ乗車して、地域の復興の手助けをして下さい。
乗車して、お金を使うのが地域の復興につながります。

まだ、沿線の住宅では瓦が落ち、ブルーシートのお宅も多かったです。 沿線は震度6強でした。


そして願いは、宮城県の女川にまた「SLホエール号」が走ることが出来るようになってもらいたいです。 SLホエール号のSLは、真岡鉄道の「C−11 325」をJRに貸し出し、運行されていました。

各地で一歩一歩復興が進んでいますが、私もまた火曜日の夜から被災地の宮城県入りします。
今度は「神奈川県災害ボランティア」の一員として、宮城県東松島市で泥出し作業をしてきます。
その様子は、またブログに書きます。



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | 被災地・復興 ボランティア | 23:59 | - | プロフィール |

 今から一年半前の「女川」!
   

ゴールデンウィークに被災地ボランティア「おながわ復幸市」で伺った女川の町には、今から一年半前の2009年10月11日にSL蒸気機関車「SLホエール号」で訪れました。

その時に大変に女川の皆さんにお世話になり、その恩返しで今回「復幸市」に伺いました。

今日のブログは、一年半前の賑やかだった女川の写真をアップいたします。

SLホエール号

SLホエール号は石巻線の小牛田駅を発車し、終点の女川駅まで運行された特別列車でした。

石巻線は非電化のため電線が無く、SLにとっては最高のロケーションでした。 

SLホエール号

石巻線最大の駅である「石巻駅」。 今回の東日本大震災でも津波が押し寄せ水浸しになりました。

SL運行時は、太鼓や踊りで大歓迎してくれました。

SLホエール号

駅長さんとチビッコの一日駅長さんが、ホームでセレモニーをしていました。

SLホエール号

石巻は、漫画家の石ノ森章太郎の出身地。 JR仙石線の電車は、石ノ森章太郎さんの漫画列車・
マンガッタンライナー。 石ノ森漫画館も津波被害で、現在も休館中。

SLホエール号

駅中どこでも石ノ森章太郎漫画の世界。

SLホエール号

太鼓の見送りで石巻駅を出発。 石巻駅から海沿いを女川駅に向かいます。

SLホエール号

SLの雄姿を写真に撮ろうと沿線には、たくさんのカメラマンが構えていました。

ここも、津波が襲いました。

SLホエール号

SLの窓からの眺め。 牡蠣の養殖が盛んな万右浦。 

SLホエール号

終着駅の女川駅に到着。 今は、駅舎はすべて流されてしまいました。

SLホエール号

大漁旗がはためく女川駅。 駅には「女川温泉・ゆほっぽ」も併設されていたが、今は姿形も何も残っていない・・・

SLホエール号

SL到着時には、特製SL弁当も売り出されました。 地元のお店の駅弁で三陸の幸がどっさり。

SL特製弁当

終着駅の女川駅は、さんまの水揚げ日本一の女川港があるので、やはりお弁当には旬のさんまが入っていました。

SLホエール号

今は無き、駅前広場。 SL歓迎セレモニーが行われました。 写真の建物もなくなっていました。

SLホエール号

女川駅から商店街を通って、三陸海岸の美しいリアス式海岸の女川港。 今は、地盤沈下と大潮で水没していて海岸に近づけない。

SLホエール号

おしゃれな灯台碑もありましたが、見当たりませんでした。

SLホエール号

女川港はさんまの水揚げが日本一です。 当日は、さんま祭りが開催中でした。

SLホエール号

マリンパル女川。 女川町営の観光物産施設。 今回の震災では、建物は残っているが中はすべて
流されてしまったようです。

SLホエール号

女川名物・さんますり身汁が無料の振る舞い。

SLホエール号

さんまのつかみ取りや、炭火焼き用の生さんまも売られていました。

SLホエール号

早速、さんまやホタテを買求めて、その場で浜焼き。

SLホエール号

石巻湾産の海苔を巻いたおにぎりとさんまのお昼。今は、岸壁はメチャクチャになってしまいました。

さんますり身汁・ほたて・いか

さんまを浜焼き・ほたて・イカ・無料のさんますり身汁をいただいたりとおなかいっぱい。

SLホエール号

マリンパル女川の中の市場でさんまとホタテを購入。 宅急便で横浜へ送ってもらいました。

SLホエール号

さんま・ホタテを買ってもらった抽選券で抽選。 見事商品券があたり、さらにさんまや牡蠣を送ってもらいました。

SLホエール号

女川の町を満喫して、まもなく帰りのSLの出発時間。

SLホエール号

女川の皆さんが、太鼓や笛でお見送りしてくれました。

SLホエール号

このホームも津波被害に遭い、獅子舞のいるところには、現在はつぶれた車が放置されています。

SLホエール号

このオレンジの車両は、200メートル以上も流され、横転していました。

SLホエール号

石巻に向かう帰りのSLホエール号。 またいつの日か女川までSLを走らせてもらいたいです。


一刻も早く、被災地が復興されますよう願うばかりです。



東北・被災地 (ボランティアセンター → 塩釜) 5月3日
http://blog.uchino-atsushi.com/?day=20110506

東北・被災地 (七ヶ浜町) 5月3日
http://blog.uchino-atsushi.com/?day=20110507

東北・被災地 (松島 → 石巻) 5月4日
http://blog.uchino-atsushi.com/?day=20110508

東北・被災地 (女川町) 5月4日
http://blog.uchino-atsushi.com/?day=20110509

東北・被災地 (復幸市) 5月4日
http://blog.uchino-atsushi.com/?day=20110510

東北・被災地 (サッカーボール → 大川小学校) 5月4日
http://blog.uchino-atsushi.com/?day=20110511

東北・被災地 (全国泣き相撲大会) 5月5日
http://blog.uchino-atsushi.com/?day=20110512

東北・被災地 (一年半前の女川の町)
http://blog.uchino-atsushi.com/?day=20110513



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | 被災地・復興 ボランティア | 23:59 | - | プロフィール |

 D51の連結器外れ、車止めに衝突 4人軽傷 群馬
   
 8月の夏休みに宿泊したホテルSLの「D51−561」の連結器が外れる事故が昨日ありました。

その時のブログ http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1144940

D51-561

ホテルSLの「D51−561」は、機関車と貨物車両を改良した客車一両編成で、ホテルの敷地内の
専用線路約150mを、速度5km〜10kmのゆっくりとした速度で前進と後進を2回繰り返します。

D51-561

事故を起こした客車の「ヨ14102」。 写真の奥に衝突した車止めが設置してあります。

D51-561

問題の連結器。 乗車したときは、乗務員さんがきちんと連結を確認していました。

今回なぜ外れてしまったか不明で、安全確認されるまで運休になるようですが、安全を確保して再び
再運行を目指してもらいたいです。

宿泊した当時、ホテルSLの支配人さんから「雪のD51−561」と「桜のD51−561」のすばらしい
写真を見せていただき、その季節にまた乗車したいと思っています。

安全運行の「D51−561」の雄姿が見られることを期待しています。


今回の事故で、ケガをされた方々の一日も早い回復を願っております。


【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 10:07 | - | プロフィール |

 夏休み1日目。 SL・蒸気機関車とホテルSLの旅!
   
今年の夏休みは、娘・聖火が生まれて初めての一泊二日の家族旅行です!

聖火が生まれる前に、おなかの中で何度も揺られたSL(さくらんぼ号)・(999号)・(ホエール号)・
秋の収穫祭号)・(やまぐち初詣号)に、今回は家族三人で乗ってきました。

今日のブログは、デジタルカメラの写真分です。

現地から投稿したケータイ写真は、日付をクリックしてご覧下さい。 ケータイ14日ケータイ15日

SLみなかみ号

まずは、群馬県の高崎駅と水上駅間の上越線を走っている「SLみなかみ号」に乗車。

高崎駅・SL弁当

SLみなかみ号の始発駅の高崎駅で、上州D51弁当を購入。SLの旅はやっぱり駅弁!

水上駅・転車台

終着駅の水上駅でSLの方向転換。 補水中のSLの前で、制帽とD51-498ボードでパチリ!

水上駅・SLボード

さらに、転車台の前に設置してある、SL顔出しボードでもパチリ!

SLまんじゅう

水上駅前のおまんじゅう屋さんで「SLまんじゅう」を購入。SLシールが付いたお土産です。

ブルーベリー公園

水上駅から普通列車で沼田駅で下車し、今夜のお宿の「ホテルSL」へ向かう。
途中、道の駅・川場田園プラザへお立ち寄り。ミルク工房・ビール工房・パン工房・ミート工房・
レストランなど川場村の特産品・味が集結。その中で、ミート工房の「山賊焼き」をいただきました。
食後は、散歩しながらブルーベリー公園を散策。景色も最高でした。

酒蔵にて きき酒

さらに、田園プラザの近くにある「譽國光酒造」に酒蔵見物。出来立てのお酒をきき酒。
大吟醸などたくさんの銘柄をきき酒。今夜のホテルで飲む為に「尾瀬の清水」を購入。

ホテルSL

今夜お世話になる「ホテルSL」さんに到着。デゴイチD51−561のプレートがお出迎え。

D51-561

早速、ホテルの敷地内を走るSLに乗車。夏休みなので乗客の皆さんでいっぱい。
普通のSLでは線路に降りられないが、ここでは線路の上での記念撮影もOKです。

機関室

乗車後は、機関室に乗せてもらいました。 またまた制帽をかぶりパチリ!

ミニSL

駅舎の中には大きなプラレールの鉄道模型。 娘・聖火はミニSLで出発進行!

ホテルSLロビー

ホテルロビーからは、走っているSLが見れます。窓の外にはSL!もちろん客室からも見れました

ホテルSL・夕食

ホテルSLの夕食は「おきりこみ」。 まずは、川場ビールで乾杯。 そして酒蔵で購入した
「尾瀬の清水」で、郷土料理をいただきました。 地料理・地ビール・地酒で美味しかったです。


夏休み2日目の「トロッコ列車とねぷた祭りの旅」のデジカメ写真は、こちら
http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1144968




【追記】 2010年11月13日にホテルSL「D51−561」の連結器が外れる事故が発生しました。
http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1152293



【SL 蒸気機関車】



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村・クリックすると横浜情報ページへ!



| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 21:23 | - | プロフィール |

 客室からもSL が見れます。
   

ホテルSLの客室からもSLが走っているのが見れます!

ホテルの浴衣も「SLデザイン」!



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 18:23 | - | プロフィール |

 ホテルSL!
   

今夜のお宿は群馬県川場の「ホテルSL」。

ホテルの敷地内に、本物のSL「D51-561」が走るホテルです。

今日、二回目のSL乗車!



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 17:59 | - | プロフィール |

 SL駅弁!
   

SLの旅は、特製「上州D51弁当」!



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 12:56 | - | プロフィール |

 SLみなかみ号!
   


今日、明日と夏休み!

群馬まで「SLみなかみ号」デゴイチD51に乗りにやって来ました!


【追記】SLの旅!
http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1144940



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 10:09 | - | プロフィール |

 SL 蒸気機関車「C61形20号機」
   
蒸気機関車「C61形20号機」
(トレーナーに積まれて搬出されるSL)

群馬県伊勢崎市の華蔵寺公園遊園地に展示中の蒸気機関車「C61形20号機」が、
来年現役復帰する為、さいたま市の車両工場に向けて搬出する作業が19日、行われた。
とニュースで放映されていた。

昨年来、SLファンの間では早くから話題になっており、たくさんのSLファンが
華蔵寺公園遊園地に詰め掛けて、展示中のSLの姿を写真に収め、HPなどにアップしていた。

僕も、今年の元旦に「SL津和野稲成号」の切符が取れなかったら、お正月は、
D51が敷地内を走る「ホテルSL」に宿泊して、華蔵寺公園遊園地に見に行く予定でした。
残念ながら、華蔵寺公園遊園地に見けなかったので、来年復活したら乗りに行きます!

来年が楽しみです。



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | 雑記 | 23:17 | - | プロフィール |

 山陽・九州の旅 <二日目>
   
1月1日より3日までの三が日、山陽地方と九州の一部にお正月休みしてきました。

現地よりケータイでブログ投稿しましたが、デジカメ分の写真をブログいたします。

今回の旅行は、ウチの奥さんの安産祈願がメインです。
(元旦は厳島神社・2日は太鼓谷稲成神社・3日は太宰府天満宮

また、赤ちゃんが生まれると、当分行けなくなるSL蒸気機関車も楽しみました!
(昨年は、SLさくらんぼ号999号ホエール号秋の収穫祭号に乗りました)

そして、ボンカレー「ボンショット」に投稿するために写真も撮って来ました。

今日のブログは、1月2日の二日目の旅です。

山口国体・ちょるる
(山口国体・ちょるる)

二日目の朝、朝風呂に行こうとロビーを歩いていたら、山口国体のポスターが貼ってあった。
山口国体のキャラクター「ちょるるの聖火」ポスターを見たら、生まれてる赤ちゃんの名前は、
やっぱり「聖火ちゃん」かなぁ〜と。 これは初夢?正夢になるかな!

ちなみに、僕は1998年の神奈川国体で都筑区区間の炬火(聖火)ランナー隊で参加し、
2004年のアテネオリンピックでは東京区間で聖火ランナーとして走りました!

料亭きむらの朝食
(料亭きむらの朝食)

湯田温泉の「プラザホテル寿」に併設されている「料亭きむら」が朝食会場!
お正月なので、おせちの朝食。山口県のお雑煮は、丸もちが2つ入った甘めのお醤油味でした。

湯田温泉の飲泉場
(湯田温泉の飲泉場)

今日は「SL津和野・稲成初詣号」に乗車するため、早めの出発。
ホテルから駅までの途中にある「飲泉場」に立ち寄る。
人気の「白狐の飲泉ぐい呑み」を買い求め、運気の強い「湯田温泉」をいただく。
高温の源泉だけあって飲む温泉も熱々。お正月早々、大地からのエネルギーをもらった気分。
観光協会でSLの記念スタンプを年賀状に押し、「ゆう太くん」の湯田温泉駅へ急ぐ。

SL津和野・稲成初詣号
(SL津和野・稲成初詣号)

SL始発の新山口に到着。通常期運行(3月から11月運行)は「C57−1」ですが、
今回は特別列車のため、京都機関区より「C56−160」が山口線にやってきました。
客車はたった2両でこじんまり。ちなみに通常期運行は5両です。

SLの前でも「ボンショット」撮影しました。

爆煙の蒸気機関車
(爆煙の蒸気機関車)

新山口を10時41分出発。湯田温泉駅に停車し、一路津和野へ向かう。これから山の中へ。
途中の仁保駅で補給のため7分程度の停車。跨線橋から見たSLの爆煙がすごい!

雪のSL稲成初詣号 地福駅
(雪のSL稲成初詣号 地福駅)

SLは津和野を目指して、急勾配を力強く駆け抜けていく。標高300mを越え、そこは雪国。
地福駅で6分の停車。大きな雪だるまがお出迎えしてくれました。
車掌さんもミニ雪だるまを作ってSLに乗せていました。ちびっ子たちは大よろこび!

津和野名物・源氏巻
(津和野名物・源氏巻)

12時42分に津和野に到着。ここはもう島根県。

実は2年前に訪れた「出雲大社ご縁レース」出場の際も、SLに乗りたかったのですが、
その時は満席で切符が取れなかったので、今回は12月の発売と同時に切符を取りました。

津和野駅に到着後、太鼓谷稲成神社へ初詣に向かう。
途中、津和野名物の「源氏巻」を焼くお店がたくさんあり、食欲をそそる。
山本風味堂さんの前で、子供たちが職人さんの作っている源氏焼を見ていて、それにつられ
焼きたての源氏焼を買い求め、食べ歩き。鯉の泳ぐ用水路を見て津和野に来たと実感。

津和野・太鼓谷稲成神社
(津和野・太鼓谷稲成神社)

日本五大稲荷神社の一つである「太鼓谷稲成神社」は山の上にあるため、ゆっくりと登る。
(稲荷神社ですが、ここでは稲成神社という)
参道は千本余りの朱色の鳥居のトンネルで、身重の奥さまのペースで休み休み登ること20分。
やっと境内へ到着。津和野の街が一望できます。稲荷神社なので商売繁盛と安産祈願。
祈願後、「火焚串」にさらに願い事を書く。一年に一度焼いて御祈願してくださるそうです。

津和野駅・駅そば
(津和野駅・駅そば)

稲成神社参拝後に下山し、名物の「おいなりさん」を食べに食堂へ。しかし直前に閉店。
殿町通りを散策しながら、別の「おいなり屋さん」で食べようとブラブラしましたが、
他にはありませんでした。「おいなりさん」は、参道のお店だけのようでした。残念。
なんだかんだで、駅に戻ってきてしまい、SLの転車台での方向転換を見ていたら、
午後3時になり、時間が無いのでお昼ごはんは「駅そば」に!関西風の甘めのつゆでした。
ちなみに、12時前にSL車内で「SL弁当」を食べていたので、駅そばでお腹いっぱい。
(SL弁当も駅そばも、1つを二人で食べ分けました。)

帰りのSL車内
(帰りのSL車内)

午後3時20分発の帰りのSLが津和野駅を出発。昨日買ったもみじまんじゅうを食べながら
今夜泊まる「門司港レトロ」のガイドブックを見ながらウトウト・・・
終点の新山口には夕方5時4分着。すでに薄暗くなっていました。

これから、山陽本線、関門トンネルを通って、鹿児島本線で門司港駅を目指す。

下関駅のポスター
(下関駅のポスター)

乗り換え駅の下関で「伊勢・夫婦岩」の観光ポスターを発見。「めおチュー」を再現??

門司港 海人 
(門司港 海人)

レトロな門司港駅には夜7時すぎに到着。すぐに門司港ホテルにチェックイン。
小雨の中、レトロな建物が並ぶ門司港の街を散策。目の前には関門海峡と関門橋。
お腹もすいてきたので、「ふぐ」を食べに「海人」へ。早速、ふぐ握りと地魚を注文。
美味しくて、ウチの奥さまの顔は、テレビ朝日シルシルミチルのAD掘くんのような顔に!
地魚を中心に食べ、ここは九州なので本場の焼酎を飲んでお腹いっぱい。でも廻転寿司なので
お値段はリーズナブル。廻転寿司といっても、注文して握ってもらえるので鮮度抜群でした。

門司港レトロ展望台
(門司港レトロ展望台)

「海人」を出ると、目の前には門司港レトロ展望台。300円の入場料を払い、31階の展望台へ。
関門橋や船の灯り、対岸の下関の街の灯り、麓の門司港の灯りなどとてもきれいでした。
中央のオレンジ色の建物が、今夜のお宿「門司港ホテル」です。

西通りプリン
(西通りプリンの販売ポスター)

ホテルまでの帰り道に、福岡の話題のスィーツ「西通りプリン」がお正月限定で販売!
迷わず、買ってホテルでペロリ。甘さ控えめですが、付属のカラメルでうまさ倍増でした。

窓の外のレトロな夜景を見ながら就寝。



3日目に続く




【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 23:05 | - | プロフィール |

 SL弁当
   

山口県の味たっぷりの「SL弁当」




【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 12:22 | - | プロフィール |

 SL津和野稲成神社初詣号
   

SL津和野稲成神社初詣号!
C56-160号

これから津和野で初詣!


【追記】SLやまぐち号の旅
http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1063492



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 10:54 | - | プロフィール |

 続・SL 信越線 秋の収穫祭号!
   
SL 信越線 秋の収穫祭号

「SL 信越線 秋の収穫祭号」に乗ってきました。 門デフを装備したC57 180。

昨日のブログはSL車内よりケータイ写真を投稿しましたが、こちらの写真はデジカメです。
あいかわらず、僕がカメラを持ち歩いた為、写真は奥さんが多く写っております。
今回は、SL「秋の収穫祭号」なので、たくさんお腹に収穫してきました。

長野・小布施 ふじ祭り

早朝5時すぎに横浜を出発! まずは栗で有名な長野県小布施の町へ立ち寄りました。
年に一度の信州おぶせの「ふじ祭り」へ。朝9時より開始なのだが、8時30分には行列。
メインイベントの特産りんごの「袋詰め放題」が大変お得!との事なので僕たちも並ぶ。
待っている間は、もぎたてのりんご(サンふじと信濃ゴールド)の試食が食べ放題。
粗品のりんごジュースをもらい、いざ袋詰め放題へ参戦。頑張って20個以上も詰め込みました。
また、特産の栗を買って、小布施の養鶏場の新鮮たまご1パック100円も買い、両手いっぱい!
イベントテントでは、おそ松くんのおでんのような串刺し長野おでんがあつあつ。1串100円!
長野野菜などの直売コーナーなどゆっくり見たかったが、SL時間が迫っているため出発。

新潟・新井駅 軽トラ市

SL始発駅の新潟県・新井駅には9時50分に到着。SL出発は10時42分。
SLの入線が10時17分頃との放送があり、それまでSL歓迎イベントの「軽トラ市」へ。
駅前商店会を通行止めにして、たくさんの軽トラック行商が集結していました。
地元の野菜・パン・特産品などいろいろな商品が軽トラックの荷台で販売されていました。
どの軽トラでも試食があり、パン、漬物、ポン菓子、お饅頭、キムチ、チヂミなど食べまくり。
タダで地元の味でお腹いっぱい。SLに乗る前から、お腹の中が「秋の収穫祭」状態。
さすがにもう食べられないので、銘菓「かりんとう饅頭」「豆大福」「よもぎのし餅」をお土産に。
よもぎのし餅を作っている農家のおばあちゃん特製の「笹すし」を食べたかったが、
ウチの奥さんから「SL車内で特製駅弁を食べるので笹すしはダメ」と・・・。 残念・・・。
笹の上にごはんが盛られているおすしで今まで見たことも無く、上越地方の名物だそうです。

強風のため、ダイヤ大混乱

新井駅では、マラソンの応援の際の小旗と同じような「JRうまさぎっしり新潟」の小旗が配られ、
ホームには横断幕が掲げられ、平丸太鼓の皆さんが出発に合わせて待機して、出発ムード満点。
駅のホームもカメラマンでいっぱい。駅の周りも一目SLを見ようと地元の人たちでいっぱい。
しかし15日の新潟地方は強風で、新潟県内のJRはダイヤが乱れて、軒並み遅れているとの事。
単線の信越線では対向の電車が来ないと発車できない。SLの乗客も沿線の人も出発を待つ。
10時42分の定刻がすぎ、やっとダイヤの乱れで遅れている対向列車が来て、SLは出発!
発車時間は、11時をすぎていて、ここからSL号の運行時間の乱れも始まっていた。
沿線ではたくさんの人がSLを撮影したり、手を振ってくれている。こちらも手を振りかえす。
沿線の神社では七五三の着飾った子供たちも小さな手を大きく振ってくれてました。
SL車内では、妙高市のPRがあり、天地人の「義」マークの入ったかまぼこが配られました。

停車駅の高田駅ではダイヤの乱れで、10分程度停車。謙信太鼓がお出迎えしてくれました。
ホームでは特産品販売があり越後名物「チョコ柿の種」を買い、粗品の絵ハガキをもらった。

今回のSL「秋の収穫祭号」はC57−180で、いつもは「SLばんえつ号」として、
新潟〜会津若松を走っている蒸気機関車です。
客車も新しく展望車や売店もあり、C57のSL特製ラベルのビールも売っていました。
SLビールを飲みながらチョコ柿の種を食べたかったが、帰りの運転もあるので断念・・・。

30分遅れの12時すぎに直江津駅に到着。天地人の武者たちと太鼓の皆さんがお出迎え。
直江津駅では、「ふるさと物産展」など記念イベントがあり、当初は停車時間の間に、
改札の外に出て、いろいろ楽しむ予定でしたが、出発時間がコロコロ変わりホームで足止め。

SL特製駅弁

直江津駅を出発後に、今回だけのSL特製掛け紙が付いた「SL特製駅弁」が配られました。
SLホエール号の時のように地元の幸がどっさり入った駅弁を期待したのですが、
普通の幕の内弁当でがっかり。サザエの小さいのが入っていたのがせめてもの日本海の幸だった。
今回は新型客車の7両編成で、たくさんの人が乗っており、ホエール号のような旧型客車3両とは
規模が違うので、駅弁も普通の幕の内になったようだ。
せめて直江津駅の名物で駅弁甲子園で優勝した名物駅弁の「鱈めし」が食べたかった。

新潟・柏崎駅 あんコロッケ

駅弁を食べ終わると、窓の外は日本海。強風のため大波だ!SLはノロノロ徐行運行。
低気圧を伴う暴風が吹き荒れ、米山〜柏崎間の日本海沿いでは、風速22メートルの強風を記録。
SL車内では、次の停車駅の柏崎観光協会の方が乗り込んできて、柏崎の街のPR。
名物「おいな汁」と「あんコロッケ」の無料交換券を配布してくれました。
途中停止信号で何度も停車を繰り返しながら、1時間30分遅れの午後2時に柏崎の駅に到着。
さっそく、里芋たっぷりの「おいな汁」とお米で作った「あんコロッケ」をいただく。
おいな汁はうす味のけんちん汁であんコロッケはサクサクして素朴で美味しかったです。
本当は、柏崎駅では、ウチのお店の取引先である「越の誉」さんに寄る予定でしたが、
ここでも到着時にSLの出発時間が確定されてなく、駅から離れることが出来ませんでした。
最初は2時30分の発車と放送がありましたが、ノロノロ運転の影響でSLの水が無くなり、
給水に手間取り(普段はSLの走っていない線路なので、この日は消防車から給水)
結局、出発は午後3時すぎになってしまいました。出発前にはヒョウも降り寒かった。
駅前の小さなたい焼き屋さんでたい焼きを買う。昔のシンプルなたい焼きの味でした。
柏崎でも太鼓に見送られ、やっと出発。街のみなさんが見送ってくれました。

SL車内の妊婦さん 

さすがにお腹もいっぱいで、ノロノロ運行が続いているため、妊婦の奥さんもウトウト。
いつもは最後まで窓から手を振っているのだが、天気も雨が降り出し風も強いままで、
窓も空けられず、写真を撮った後お眠りに。SLのノロノロ運転がゆりかごのようで
おなかの赤ちゃんも眠れたかな〜?

ちなみに、この席は4人のBOX席で、僕たちは窓側の指定席でしたが、通路側の二人は
お弁当を食べている時以外は、展望車でSLの旅を楽しまれていて、ゆったりと座れました。

SL車内のポスト

SLの乗車証明書が絵ハガキになっていて、おなかの赤ちゃん宛てにハガキを書いて、
先頭客車内に設置されている「昔の郵便ポスト」へ投函。終点近くなってしまったので、
ポストの取り扱いは終了してしまったようですが、とりあえず投函しておきました。
以前、「SLばんえつ号」に乗車した際に投函した時は、SLの風景印が押され郵送されました。
はたして、今回も特別のSL風景印が押されるだろうか?

新潟・長岡駅 天地人

定刻では長岡駅には午後2時38分に到着予定でしたが、実際には1時間30分遅れの
午後4時すぎの終点到着となってしまいました。
「SLファンは1時間30分も多く乗れた」と喜んでいて、ダイヤの乱れもまた楽しでした。
長岡駅では、天地人「直江兼続」が、名物「笹だんご」のお土産を配ってくれました。
ひとり1個かと思いきや「収穫祭号」なので、一人にたくさんの笹だんごを配ってくれました。
直江兼続の手に、長岡のPRパンフレットと、両手にたくさんの笹だんごを持っています。

長岡駅からの帰りは、新井駅まで乗り換えなしの「快速くびき野号」に乗車予定でしたが
SLの到着遅れもあり、普通列車で帰ることに。こちらも日本海沿いはノロノロ運行でした。
普通電車内では爆睡中でしたが、犀潟駅に着いた時の車内アナンスで「ほくほく線に
乗り換えて直江津駅に向かってください」との放送で飛び起き、隣のホームのほくほく線へ移動。

新潟・直江津駅 ほくほく線(天地人号)

ほくほく線の電車は「天地人号」で、電車の車体はもちろん、車内も天地人一色でした。
ほくほく線はJR黒井駅を通過し、直江津駅へ。
直江津駅では新井駅に停車する長野行きの普通電車が止まっていました。
もちろん出発時刻は決まっていなく、電車内で発車を待つ。
特急も軒並み遅れていて、特急待ちなどしていて、待つこと30分くらいだろうか、
車内アナンスで、先ほどまで乗っていた普通電車が直江津に到着後に発車すると放送があった。
なので、改札まで行ってスタンプなどを押して電車に戻ると、普通列車を待たず、
対向の信越線の電車が来たあとに、すぐに発車。危なく乗り遅れるところだった。
アナンスがコロコロ変わるので、警戒していたので、乗り遅れずにすんでよかった!
やっとSL始発駅であった、新井駅に到着。予定では午後4時19分に着くハズだったが、
実際に駅に降り立ったのは、午後7時30分で、3時間遅れにもなってしまいました。

今回のSLチケットは発売直後に数秒で売り切れ、僕も「みどりの窓口」にお願いした分は
取れなかったのですが、上越市民限定のSLパックを譲ってもらい乗ることができました。

今回のような、臨時のSL運行は大変な人気で、いつも数秒で乗車券が売切れてしまいます。
今回の新潟の信越線も2年ぶりにSLがやってきたそうで、地元の人に優先販売があったようです。
昨年の「長野・SL信越線120周年号」の乗車券を購入した時は、発売と同時に完売でした。
来年こそ神奈川県にもSLが走ってもらいたいです!!

上越の名店・食堂ミサ

たくさん食べた旅だったが、「帰りは信州そばを食べたい」と奥さんが言うので、
新井の道の駅へ。しかし、上越の道の駅の閉店は早いようで、夜8時には閉店していました。
しかし、その先にはレストランエリアがまだまだ営業しており、十数軒お店がある中、
一店だけたくさんのお客さんが入っていました。
地元の人がたくさん押しかけるお店は美味しいとの期待で「ごはん処ミサ」へ。
お店が紹介されている雑誌を見ると、「上越地方を代表する味噌ラーメン」との紹介があった。
実際、他のテーブルを見ると、ラーメンを食べている人が多いが、定食類も豊富で
僕は「味噌ラーメン」で奥さんが地元のお豆腐を使った「肉豆腐定食」を注文しました。
注文して、奥さんがお手洗いに行っている間に、すぐに味噌ラーメンが運ばれてきました。
たっぷりの玉ねぎとひき肉が入っており、すこし甘めの信州味噌のよう白味噌ラーメンです。
また、肉豆腐定食は写真のように大きなお豆腐でボリューム満点。ご飯もお代わり自由で
お腹いっぱいになりました。このまま、日帰り温泉でも入浴してゆっくりしたかったのですが、
仕事の発注を戻り次第にやらないといけないので、泣く泣く帰路へ。
夜8時30分に上越を出て、深夜12時ぴったりに自宅に着きました。

今回のSLは「秋の収穫祭」のごとく、食べまくり、またPRのお土産もいっぱいもらいました。

次は12月の「SLクリスマストレイン」に乗りたいのだが、歳末は休みがないので無理かな??



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 23:42 | - | プロフィール |

 柏崎の鯛やき屋さん!
   
柏崎のたい焼き屋さん

SLの出発が悪天候で遅れているため、柏崎の商店街を探検。

大好きな鯛やき屋さんを発見!昔ながらの鯛やきで、焼き板も年期が入っていました。

SL車内でたい焼き

購入した鯛やきをSL車内でいただきました。
薄皮であんこも程よく入っていました。甘みが関東よりも薄味あんこに感じました。

SL車内で昔ながらの鯛やきをいただいて、とてもレトロな雰囲気で美味しく食べました!



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | 都筑まもる君焼き・たい焼き | 15:31 | - | プロフィール |

 おいな汁
   

日本海沿いの柏崎駅でSLの乗客の皆さんに「おいな汁」のおもてなし。

お米を使った「あんコロッケ」も無料配布。

美味しかった!

柏崎ではヒョウが降ってきました!



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 15:22 | - | プロフィール |

 SL 特製駅弁!
   

直江津駅の駅弁! 本日限定の「SL掛け紙付き・SL特製駅弁!」



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 14:07 | - | プロフィール |

 SL 信越線秋の収穫祭号!
   

「SL信越線秋の収穫祭号」新潟地方強風のため、ノロノロ運行中!



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 14:05 | - | プロフィール |

 SL 「D-51 498」 復活!
   
EL&SL 奥利根号
(昨年9月に乗車したSL奥利根号)D−51 498

SL 信越線120周年号
(昨年11月に乗車したSL信越線120周年号)D−51 498

SL好きの友達から「SLみなかみ号」D−51 498機に乗ってきたとメールがありました。
デゴイチ・D51−498は昨年11月に乗車した「SL信越線120周年号」のあとに
ボイラーが故障してしまい、昨年12月から修理で運休していました。
一時は、復活不可能とまで言われていましたが、今年の9月に見事に復活しました。
日本で唯一、D−51が運行されている「SLみなかみ号」は、紅葉シーズンで
満席だったそうです。

僕も今度の日曜日は「SL」です!
新潟まで遠征して「SL信越線 秋の収穫祭号」に乗ってきます。
秋の収穫祭号は、SLばんえつ号で運行されている「C−57 180」を使用。
C−57は、2年前に新潟から会津若松まで「SLばんえつ号」に乗車して以来なので
とても楽しみです!
今回は、新潟県新井駅から長岡駅まで日本海沿いに走るので、景色も楽しみです!!
また、特製駅弁も付いてくるので、「日本海の幸」がさらに楽しみです!!!

ちなみに先月乗車した「SLホエール号」は、C−11 325でした。



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | 雑記 | 23:46 | - | プロフィール |

 続・SLホエール号!
   

SL ホエール号

昨日、みちのく宮城県まで遠征し「SLホエール号」に乗ってきました。
現地から投稿したケータイ写真以外にデジカメの写真をアップします。

スハフ 32

最近のSL運行は7両編成くらいで比較的新しい昭和後期製造の客車が多いですが、
今回の客車は旧型客車の「スハフ32」の3両編成で昭和初期のムード満点。
SLホエール号は蒸気機関車C11-325+旧型客車3両で、しかも単線の無電化で架線が無い
石巻線は、沿線には田園風景が広がり、また石巻湾の美しい海岸沿いを走行するので、
ロケーションとSL旅情は抜群。
くじらのヘッドマークが沿線風景にマッチしていました。

涌谷駅

SLホエール号の沿線自治体もPRに頑張っていました。各駅にはちびっ子駅長がいて、
SLの停車ホームでは太鼓や踊りや獅子舞などが披露されました。
涌谷町では10分程度の停車時間中に、郷土料理の「おぼろ汁」・「昭和のやきそば」・
「昭和のかつ丼」を販売。かつ丼は、かつと玉子とじが別々に調理されていて、
普通のかつの半分に玉子とじが乗っかっているのが、昭和の涌谷町スタイルだそうです。
旧型車両の中で、おいしくいただきました。
駅に着くたびに、沿線の市町村の人が乗り込み、観光案内や記念グッズを配ってくれました。
また、JRも記念乗車証や特製しおり・石炭などを配ってくれて、おみやげがどっさり!

仙石線の漫画列車

石ノ森章太郎さんの漫画の町・石巻では、石巻線のSLホエール号と仙石線の漫画列車
「マンガッタンライナー」が並行して走行しました。
沿線から見れば、SLとマンガッタンライナーが並走して楽しかったと思います。
きっと「撮り鉄」の人たちは、写真を撮りまくった事でしょう。 見たかったなぁ〜!
SL車内には、石ノ森章太郎さんの漫画の主人公の格好をした、キャラクターが乗り込んできて
「石ノ森章太郎記念館」のPRをしていました。
石巻駅では、特製「SLホエール・くじらのお肉缶詰」が販売され、人気でした。

SL特製弁当

終着駅の女川駅は、さんまの水揚げ日本一の女川港がある駅です。
歓迎セレモニーで盛り上がっている中、三陸海岸の海の幸がどっさり入った、
限定80食の「特製SLホエール号駅弁」が売り出され、行列でした。

さんますり身汁・ほたて・いか

駅から歩いてすぐの女川港では、さんま祭りが開催されていて、さんまを浜焼きしたり、
ほたてやイカを食べたり、無料のさんますり身汁をいただいたりとおなかいっぱい。
美しい女川港のほとりで満足のお昼でした。
しかも、抽選会で市場の商品券が当たり、さんまを自宅まで送ってもらいました。
当日のさんまは、大人気で売り切れ。翌日の水揚げ分を送ってくれるとの事で楽しみです。

とっても楽しかった「SLホエール号」の旅でした。



【追記】 2011年5月13日に「1年半前の女川」のブログを更新しました。
http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1152558



SLホエール号 http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1022065

さんま祭り http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1022091

女川港でお昼ごはん http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1024070

SLホエール号特製駅弁 http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1022156

続・SLホエール号 http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1022943

女川港から直送! 秋刀魚とホタテ http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1023434



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 23:41 | - | プロフィール |

 SLホエール号特製駅弁
   

蒸気機関車の車内で「特製SL駅弁」を食べてます。

くじら・さんま・ホタテと三陸海岸の幸が満載!

美味しいよ!



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 16:09 | - | プロフィール |

 SLホエール号
   

SLホエール号を乗りに宮城県三陸海岸の女川に来ています。



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 13:19 | - | プロフィール |

 昭和の蒸気機関車
   
昭和の蒸気機関車

いつも、深夜に当店の楽天市場のインターネット店の注文処理をしてから寝ています。
ネット注文は深夜に集中するためですが、このところ午前3時頃になってしまいます。
寝る前に、「ケーブルネットつづきの森」の天気画面をチェックしているのですが、
昨夜はテレビのスィッチを入れたところ、チャンネルがNHKになっていて、
深夜の時間帯にひたすら流れている「映像散歩」で、「昭和の蒸気機関車」の
映像が流れていました。

蒸気機関車(SL)が好きなのでテレビ画面にくぎ付け。
しかし、もう蒸気機関車の映像は終わりの時間で3時12分には終わってしまいました。
知っていれば最初から見たかったです。

残念・・・・・

今度の日曜日は「SLホエール号」に乗車するため、みちのく・石巻まで行って来ます。
煙の向こうの三陸海岸(宮城県)に、鯨は見られるかな?



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | 雑記 | 23:50 | - | プロフィール |

 SLさくらんぼ号!
   
ちょっと前のことになりますが、山形路を走った「SLさくらんぼ号」に乗ってきました。 来月に、「SLホエール号」に乗ることになったので、前回乗ったSL蒸気機関車について書きます。

ちなみに、今までSLには、大井川鉄道・秩父鉄道・真岡鉄道・SLELみなかみ号・ばんえつ物語号・信越線120周年号に乗りました。



6月14日(日)に、「SLさくらんぼ号」に乗車すべく、日帰りで山形駅にやってきました。 まずは、改札口の前で販売していた「SL運行記念駅弁」980円を買いました。SL車内で食べます。



SL運行記念駅弁を買い、山形駅の改札の中へ。



SLさくらんぼ号は5番線ホームから出発します。 もちろん乗車指定席券は満席です。



SLさくらんぼ号の山形駅出発時間は、10時44分。 10時前に山形駅に着きましたが、SLはまだ待避線で待機していました。 まだ出発まで45分くらいあるので、駅構内のお土産屋さん巡りをします。



初夏が旬の「本場のさくらんぼ」も、たくさん売られていました。



お土産屋さんから戻ると「SLさくらんぼ号」は、すでホームに入線していました。

「SLさくらんぼ号」は、山形駅を10時44分に出発し、左沢線の左沢駅に12時5分に到着します。



今回のSLは、真岡鉄道の「C11-325」です。 客車を3両牽引します。



客車は、レトロなスハフ32。 写真は最後尾です。



これから花笠音頭を踊ってくれるそうです。



出発直前にホームで、花笠音頭を踊ってくれました。



まもなく出発です。 扉が閉まる直前にホームからパチリ。



10時44分に大きな汽笛と、黒い煙を吐き出しながら出発しました。 ホームでは、花笠踊りをしてくれた皆さんも見送ってくれました。



沿線では、たくさんの皆さんがSLに手を振ってくれました。



羽前山辺駅に到着。 ホームでは、子供たちが踊りを披露してくれました。 また、ハーブティーの無料の振る舞いもあり、美味しくいただきました。



沿線の撮影ポイントでは、たくさんのカメラマンがSLを撮影していました。



おまちかねの「SL運行記念駅弁」をいただきます。 中身は山形特選の牛めしでした。
 


味のしみ込んだやわらかい山形牛のお肉が絶品の駅弁でした。 うまかったです。



寒河江駅でも地元の踊りの披露がありました。



女の子のお化粧がとてもきれいでした。



寒河江を出発すると、まもなく終点の左沢に到着します。 寒河江駅で買った「さくらんぼゼリー」をいただきました。



12時5分に左沢に到着しました。 駅前では、最上川舟唄の踊りが披露されました。 とにかく、山形のみなさんは踊り好きです。



お昼は最上川沿いに建つおそば屋さんでいただきました。 お店のおススメの天丼と天ざるです。



また、帰りのSLの出発時間である14時19分まで時間があるので、鮎の塩焼きを食べながら、地元の皆さんとおしゃべりをし、楽しい時間をすごしました。



帰りのSLは、左沢駅にSLの方向を変える転車台が無いため、後ろ向き走行となります。

帰りも沿線の皆さんに手を振りながらのSLの旅でした。



来月に乗車するSLは、宮城県の石巻線の小牛田駅・女川駅間を走る「SLホエール号」です。

三陸海岸沿いを走るそうなので、くじらが見れるかも?

秋の三陸海岸は、なんといっても「さんま」が旬です。 SLとさんまを楽しんできます。



【追記】SLホエール号に乗ってきました!
http://blog.uchino-atsushi.com/?eid=1022943



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 23:04 | - | プロフィール |

  「銀河超特急999」 新聞写真にチラッと写っていました。
   
銀河超特急 999

○○新聞の写真にチラッと写っていました。

2002アテネオリンピックの聖火ランナーを走ったときに、ラストランナーの
福原愛選手の隣にチラッと朝日新聞一面に載った時と同じパターンです。


以下は9月9日のブログです。


2009年9月9日 「銀河超特急999号」に乗ってきました。
メーテルと車掌さんが出迎えてくれて、国鉄時代のベルでメガロポリス中央ステーション99番線より発車。(新金谷駅)
SLには特製ヘッドマーク・行灯式テールマーク・999ロゴ・行先板などの演出で
ムード満点。
駅名もすべて、原作どおり。沿線ではたくさんの人が手を振ってくれました。
車内では99問の999クイズ大会・写真撮影会などイベント盛りだくさん。
終点の惑星プロメシュームに到着。(千頭駅)
大井川鉄道では通常はバック走行の復路も、今回は転車台で方向転換。
復路もSL本来の姿。
しばらくすると大井川鉄道「SLかわね路」が到着。
SLかわね路号と999号で千頭駅は賑やか。
復路ではメーテルが記念乗車証をくれました。
結構楽しかったSLの旅でした。
次の運行は1000年後の3009年9月9日か???


メーテルがお出迎え。メガロポリス中央ステーション(新金谷駅)


炭水車側面マグネット式ロゴ“GALAXY EXPRESS 999”


区名板「大鉄」 


銀河超特急999「特製吊下式行先板」


最後尾の展望車に「行灯式テールマーク」


車掌はもちろん「車掌さん」


車掌さんがしっかりお仕事。トレーダー中央ステーション(駅名表示に注目)


すべての停車駅は原作どおりの駅名。ヘビーメルダー。


沿線ではたくさんの人たちが手を振ってくれました。


たくさんのテレビークルーや新聞社などが取材していました。


転車台にて方向転換。 人力で回していました。


車掌さんとメーテルとはるみん 惑星プロメシューム(千頭駅)


お弁当も特製! 掛け紙が999!


電気機関車とC11−227(急行かわね路)


C11−227と999号


メーテルが記念乗車券とお手紙を配布してくれました。



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 19:09 | - | プロフィール |

 2009年9月9日 「銀河超特急999」
   
2009年9月9日 「銀河超特急999号」に乗ってきました。
メーテルと車掌さんが出迎えてくれて、国鉄時代のベルでメガロポリス中央ステーション99番線より発車。(新金谷駅)
SLには特製ヘッドマーク・行灯式テールマーク・999ロゴ・行先板などの演出で
ムード満点。
駅名もすべて、原作どおり。沿線ではたくさんの人が手を振ってくれました。
車内では99問の999クイズ大会・写真撮影会などイベント盛りだくさん。
終点の惑星プロメシュームに到着。(千頭駅)
大井川鉄道では通常はバック走行の復路も、今回は転車台で方向転換。
復路もSL本来の姿。
しばらくすると大井川鉄道「SLかわね路」が到着。
SLかわね路号と999号で千頭駅は賑やか。
復路ではメーテルが記念乗車証をくれました。
結構楽しかったSLの旅でした。
次の運行は1000年後の3009年9月9日か???


メーテルがお出迎え。メガロポリス中央ステーション(新金谷駅)


炭水車側面マグネット式ロゴ“GALAXY EXPRESS 999”


区名板「大鉄」 


銀河超特急999「特製吊下式行先板」


最後尾の展望車に「行灯式テールマーク」


車掌はもちろん「車掌さん」


車掌さんがしっかりお仕事。トレーダー中央ステーション(駅名表示に注目)


すべての停車駅は原作どおりの駅名。ヘビーメルダー。


沿線ではたくさんの人たちが手を振ってくれました。


たくさんのテレビークルーや新聞社などが取材していました。


転車台にて方向転換。 人力で回していました。


車掌さんとメーテルとはるみん 惑星プロメシューム(千頭駅)


お弁当も特製! 掛け紙が999!


電気機関車とC11−227(急行かわね路)


C11−227と999号


メーテルが記念乗車券とお手紙を配布してくれました。



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 19:09 | - | プロフィール |

 銀河超特急999
   


明日、2009年9月9日「銀河超特急999号」に乗車してきます!

やっと遅い夏休みを取って(一日だけだけど・・・)、5年ぶりに大井川鉄道のSLに乗ります。
本当は、8月のお盆に九州に行って、「SL人吉」に乗る計画で、7月に早朝から緑の窓口に並んで、発売開始数秒で売切れとなる乗車券を頑張ってゲットして、楽しみにしていましたが、選挙がお盆明けになってしまい計画がパーになってしまいました。
7月の上旬までは、総選挙が8月2日か9日でほぼ間違えないだろうと云われていたので、選挙後にゆっくりと夏休みでSLに乗りながら南九州を旅行する予定でしたが、麻生総理大臣がまさかの解散後、投票日まで40日間も空けるとは・・・。少しはありえるとは思っていたが、夏休みを取りたかったので「やられた!」とガックリ。
おかげで、九州への旅行は諦めました。しかしプラチナチケットと呼ばれる「SL人吉号」だけあって、乗車券はオークションで高値で売れました。
(SL人吉号は客車が3両編成しかなく、人気以上に座席数が限られているため、発売後数秒で完売してしまいます。僕が並んだときも数秒で売り切れてしまい、片道しか買えませんでした。)

結局、夏休みは全く無く、仕事と選挙のお手伝いでこの夏は去ってしまいました。

で、明日、2009年9月9日の「999」の日に、銀河超特急が走ります。

5年前にもこの大井川鉄道のSLに乗りました。(それまでに何度か乗っていますが)
実は、結婚前に初めてウチの奥様と旅行したのが、大井川鉄道のSLと井川線のアプト式電車と
寸又峡温泉の旅でした。
明日は思い出のSLに乗り、お付き合いしていた当時を想い出そうかなぁ〜と思っています。

ちなみにSLは、6月の山形「SL さくらんぼ号」以来です。

SL さくらんぼ号 2009
写真は「SL さくらんぼ号」



【SL 蒸気機関車】


| ブログトップページへ | お出かけ・旅行 | 23:19 | - | プロフィール |